中学受験の失敗学 志望校全滅には理由がある 瀬川松子著

中学受験の失敗学 志望校全滅には理由がある 瀬川松子著

首都圏で中学受験をする小学生は増える一方で、今春(2008年)の入試では6万人突破。受験率も2割を超えた。反面、不合格者数も過去最高に上る。家庭教師として多くの親子に接してきた著者によれば、我が子の現実を直視できず、「奇跡」的な合格体験を信じて暴走する親が増え、最悪の結果=志望校全滅に陥るケースも少なくないという。

受験指南書の「努力によって受かる」というアドバイスは「そこそこ頭のいい子」にしか通用しない理想論であり、誰もが無限の可能性を秘めているかのような幻想を煽るのは無責任ではないか。これまで語られることのなかった中学受験の負の現実に正面から言及。過熱の一途をたどる中学受験に警鐘を鳴らす。

光文社新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。