中学受験の失敗学 志望校全滅には理由がある 瀬川松子著

中学受験の失敗学 志望校全滅には理由がある 瀬川松子著

首都圏で中学受験をする小学生は増える一方で、今春(2008年)の入試では6万人突破。受験率も2割を超えた。反面、不合格者数も過去最高に上る。家庭教師として多くの親子に接してきた著者によれば、我が子の現実を直視できず、「奇跡」的な合格体験を信じて暴走する親が増え、最悪の結果=志望校全滅に陥るケースも少なくないという。

受験指南書の「努力によって受かる」というアドバイスは「そこそこ頭のいい子」にしか通用しない理想論であり、誰もが無限の可能性を秘めているかのような幻想を煽るのは無責任ではないか。これまで語られることのなかった中学受験の負の現実に正面から言及。過熱の一途をたどる中学受験に警鐘を鳴らす。

光文社新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT