真冬の渋谷に「ロールアイス」が開店のワケ

行列ができる京都の人気店が東京進出

抹茶も京都のお茶屋さんから仕入れているそうだ。とはいえ、ここまでは尋常な抹茶アイス味。しかし突然「ぷにゅっ」という食感があらわれ、驚いた。わらび餅だ。

わらび餅は、トッピングしてあるのではなく、生地に混ぜ込んであったわけだ。制作過程を見ると、抹茶入りの生地を冷却した天板に広げ、わらび餅を投入。こてで、スピーディーに切り刻んでは混ぜ、なめらかな生地を作っていく。四角いシート状に成形、カットして巻き、カップに詰める。トッピングして完成。

「わらび餅が天板やこてにくっつくので、当店でいちばん難しいメニューなんですよ」(山岡氏)

目標はディズニーランドのような接客

しかし、京都店から経験を積んでいる、店舗でもっとも技術の高い社員が作成してくれたため、5分もかからずに完成した。この技術を目の当たりにできるのも、ロールアイスの楽しみである。

「オペレーションに関しては、回転率を上げるために、天板の温度、作成にかかるタイムなど、徹底的に研究してきました。また、うちの差別化ポイントが接客なんです。作っている間もお客様と会話して、その時間を楽しんでいただくようにしています」(山岡氏)

四角いシート型に成形したアイスを、細長くカットして巻いていく。同店ではアイス制作を進めながらお客と会話を交わす「コミュニケーション」を売りにしている(筆者撮影)

目標はディズニーランドのような接客。スタッフの研修では2週間かけて、ロールアイスの技術のほか会話の教育を行うそうだ。「映える(ばえる)」が口語として流通するぐらい、今は見た目、写真映えに価値がある時代だが、あえて接客に力を入れる理由を聞いてみた。

「写真に撮ってアップするのは簡単ですし、その楽しみは当店の店員がいなくても成立します。でも、コミュニケーションでお客様に『よかった』と思ってもらえるのは難しい分、価値があると考えます。SNSの投稿でも『店員さんが優しかった、会話が楽しかった』と書いてあるほうが、その投稿を見た人の気持ちをつかむと思います。一方で、こうした接客の水準を高めていくのは大手チェーンでは難しい。当社のような規模だからこそできることなのかな、と思っています」(山岡氏)

渋谷モディ店限定の1番人気メニュー「渋谷ブラック」780円(筆者撮影)

同店での1番人気は、これも渋谷店限定の「渋谷ブラック」(780円)。竹炭入りのバニラベースの生地に、オレオクッキーを刻んで混ぜ込んでいる。トッピングはチョコレート生地のロールケーキ、オレオ、ベア型のチョコレートクッキーなど、ブラックで統一。渋谷という立地にふさわしく、クールで個性的なロールアイスだ。

「お恥ずかしい話かもしれないのですが、ロールアイスクリームファクトリーさんがハロウィンに季節限定で黒いアイスを発売されたんです。どこの店の商品か、というのを意識せずに買われた方も多かったのだと思います。でも、それ以来、このブラックが1番売れ筋のアイスになっており、販売数は平日で10食、休日は20食といったところです」(山岡氏)

次ページ一押しのメニューは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT