真冬の渋谷に「ロールアイス」が開店のワケ

行列ができる京都の人気店が東京進出

12月7日にオープンしたROLLY’S ROLL ICE CREAM KYOTO渋谷モディ店の様子(筆者撮影)

2017年夏、デコレーションも華やかなロールアイスが登場し、一躍ブームとなった。同年6月、原宿に店舗をオープンし、そのブームの震源地となったのが、ロールアイスクリームファクトリーだ(参考記事:原宿ロールアイス、話題と行列が続く仕掛け)。

しかし同時期、実は関西地区でも、ロールアイスの波が密やかに起こりつつあった。その担い手が、ROLLY’S ROLL ICE CREAM KYOTO(ローリーズロールアイスクリーム京都)だ。同店は、ICE ROLL FACTORY(アイス ロールファクトリー)として、2017年8月に京都にてスタート。2店舗目の京都タワーサンド店オープンのタイミングで、現在の「ローリーズ~」に名を改め、これまでに京都で2店、名古屋に1店の3店舗を展開している。

なぜ真冬に東京進出?

そしてこのたび、ついに東京に初進出。12月7日に渋谷モディ1階に店舗をオープンした。しかし、腑に落ちない点がある。なぜ真冬という、アイスクリームにとっては厳しい時期に、東京進出という大きな展開を図ったのか。また一般的に、スイーツのブランドを広める上で最も有名なのは原宿。なぜ今回の立地を選んだのだろうか。

実際に店舗に足を運んだところ、ビルの開業時間である11時早々ということもあり、お客はまだ来店していない。どうやら、オープン当初には3時間待ちの行列ができたロールアイスクリームファクトリーとは、だいぶ様子が異なるようだ。

渋谷モディはそもそも、「便利なところにあるから立ち寄る」立地型ではなく、「欲しいものがあるから行く」目的型のビル。それを象徴的に示しているのが5階で、アニメ雑貨のTHEキャラSHOP、独自の編集による音楽・映像・書籍を扱うHMV&BOOKS渋谷など、趣味性の高いフロアづくりが行われている。

というのも、渋谷モディは丸井グループの展開する商業施設であるが、商圏人口の多い立地で展開するマルイに対し、モディは「立地によって臨機応変に展開するブランド」として位置づけられているからだ。

同グループでは2007年以降、「ヤング中心、モノ中心」から、「すべての世代、モノ・コト」へと方針を転換した。さらに2014年からは、仕入れ契約に基づく百貨店型の経営から、不動産契約によるSC(ショッピングセンター)型・定期借家型のビジネスモデルへ移行した。渋谷モディはまさに、その直後の2015年の11月にオープンされている。

次ページ実際の集客状況は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。