日本人が知らない「改元前後」の宮中行事

天皇の代替わりに伴う行事が40以上ある

天皇の「代替わり」の儀式の準備は着々と進められている。今回の代替わりの儀式や行事について、その内容や意味を解説します(写真:共同通信社)

平成の終わりまで、まもなく4カ月。

新天皇の即位を祝うため、政府は5月1日を祝日とする。すると祝日法によって、その前後の4月30日と5月2日も休日となるため、ゴールデンウィークは10連休になる。こうしてカウントダウンのムードが高まるなか、皇位継承、つまり天皇の「代替わり」についても準備は進んでいる。

そこで今回は改元前後に予定されている儀式や行事のスケジュールや、その内容、意味について解説したい。

「1989年の改元」との大きなちがい

まず今回の改元と、それに伴う皇位継承は崩御によるものではない。1989年に行われた昭和から平成への改元は崩御を前提にしていたため、儀式や行事のスケジュールにも目安があった。

実際、昭和天皇の崩御から1年間、今上陛下は「諒闇(りょうあん)」として喪に服す期間に入られた 。このため喪の明ける翌年までに行われたのは、葬儀の儀式・行事に限られている。

たとえば1989年2月24日に東京の新宿御苑で行われた「大喪の礼」の当日は、法律によって休日となった 。小学2年生だった筆者は、小雨の降るなかでも参列する当時のジョージ・H・W・ブッシュ米国大統領をテレビで見た覚えがある。

しかし今回は特例法に基づく代替わりであり、葬儀は行われない。このため宮内庁を中心に作業は手探りで続いており、未定の儀式も多い。以下では、現在までにスケジュールの決まっている儀式について確かめておきたい 。

まず代替わりとは直接の関係は薄いものの、2019年2月24日に天皇陛下御在位30年記念式典が行われる。

その後、現行憲法下ではじめてとなる「退位礼正殿の儀」(退位の礼)が2019年4月30日に行われる。この儀式は今上陛下にとって、最後の公式行事になるとみられている。けれども決まっているのは国事行為とする方針などの概要だけで、詳細は明らかにされていない 。

その翌日、2019年5月1日に即位とともに「剣璽(けんじ)等承継の儀」が挙行される。これは皇位継承の証しとして、剣璽をはじめとした皇室に由緒のある品々を引き継ぐ儀式だ 。

次ページ「三種の神器」は非課税
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。