ソフトバンクは大幅安、2018年IPOの勝敗は?

上場社数は横ばい、調達金額だけは膨らんだ

ランキングには入らなかったが、メルカリも上場直後をピークに株価は低迷している。公開価格3000円に対して、初値は5000円だったが、赤字決算が嫌われて現在は2000円を割り込んでいる。

メルカリの時価総額は2000億円を超えており、その巨大さから東証マザーズ株価指数に与える影響も大きい。「マザーズ指数が上がらず、新興市場全体に対する投資家心理を冷やしてしまう」(大手証券アナリスト)と嘆きの声も漏れる。

2019年は横ばいの予想

それでもIPO市場の活況は2019年も続きそうだ。いちよし証券では2018年より4社多い95社の上場を予想している。市場関係者が2019年の候補として名を挙げるのは人工のクモ糸を開発する素材スタートアップ企業・スパイバーや東京地下鉄(東京メトロ)。AIや働き方改革関連の企業も多く上場するとみられる。

市場関係者の間では、東京五輪が開かれる2020年まではIPO市場の活況が期待できるとする見方が多い。

ただ、米中貿易戦争や欧州の政情不安などによる2019年以降の世界景気の減速懸念も出てきた。

これまでの好景気は、未上場企業がIPOに向け業績を伸ばす追い風になってきたが、今後は状況が変わってくる可能性もある。2018年はソフトバンクを除けば、調達額は前年を下回った。2019年のIPOはよりその中身が問われることになりそうだ。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 中学受験のリアル
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。