ソフトバンクは大幅安、2018年IPOの勝敗は?

上場社数は横ばい、調達金額だけは膨らんだ

史上最大のIPOだったソフトバンク、公募価格を下回ったことで批判が相次いだ(撮影:尾形文繁)

2018年の師走──。

市場関係者の間では12月19日に国内過去最大規模で新規上場した、ソフトバンクグループの国内通信子会社・ソフトバンクの話題で持ちきりだった。

だがふたを開けてみれば、ソフトバンクの初値は1463円と公募価格の1500円を下回り、終値は1282円と15%下回る低調な出だしとなった。

2018年のIPO(株式新規公開)は12月末までに90社(前年比1社増、25日に上場を予定していたレオス・キャピタルワークが延期を決定)。公募と売り出しを合わせた調達額は推計で3兆1359億円と、2017年の5746億円を大幅に上回った。

この数字はNTTが上場した1987年の約2兆7000億円を約30年ぶりに更新する。ただし、ソフトバンク1社が2兆6461億円と、調達額全体の8割超を占める特異な構図だ。

調達額ではソフトバンクに次いで6月に上場したフリマアプリ最大手のメルカリが1307億円。2005年にMBO(経営陣による自社買収)による上場廃止を経て、13年ぶりに再上場を果たしたアパレル大手のワールドが536億円で続いた。

AI関連銘柄に脚光

ここ数年の傾向と変わらず、2018年のIPOもネット系企業が多くを占めた。いちよし証券投資情報部の宇田川克己・銘柄情報課長は「中でも目立つのは、時代のニーズがあるAI(人工知能)や人材・働き方改革にかかわる企業。(将棋アプリで培ったAI技術を提供する)HEROZなど特色あるものが出てきた」と指摘する。

一方、非ネット系企業として話題を集めたのが、7月に上場したトレーニング器具「シックスパッド」など美容・健康器具を販売するMTGだ。企業価値が10億ドル(約1100億円)を超える未上場ベンチャー企業「ユニコーン」では、メルカリとMTGが2018年に上場した。これで、国内で残るユニコーンはAI開発のプリファード・ネットワークスのみになったとみられている。

次ページ初値の騰落ランキング
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT