日本人がまだ活用できていない2つの「資源」

統計データが明らかにする日本の課題と現状

また、イノベーション指数にも注目したい。日本はインプットでいえば世界の上位レベルであるのに対し、アウトプットは上位国から大きく引き離されている。

これらのデータが意味するのは、日本が高い水準の文化や知識の資源を持ち合わせていながら、それが新たな分野を切り開く力が十分にはなっていないということである。

未来志向の意識を持つことが重要

さまざまな資源の活用が効率的になされていないのは、私たちの意識が過去に引きずられているからのようにも見える。過去の金融危機での苦い経験にとらわれているから、投資が弱いままなのであり、挑戦ができずにイノベーションのアウトプットが少ないとも言える。

『The Economist 世界統計年鑑2019』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

もっとポジティブに、未来志向の意識を持たなければならない。縮こまり志向で内部留保を増やし、節約志向で消費を抑制するのではなく、日本が有するヒト・モノ・カネの貴重な資源を有効に活用する。

つまりきちんと「使う」ことが、一層の豊かさにつながるだろう。持っている資源を有効に活用してこそ、クリエーティブな活動が生まれ、私たちはより豊かに生きることができる。

そのためにも、こうしたデータを活用し、海外諸国と比較しながら、経済を多面的に俯瞰して見ることが欠かせない。自分の属する企業や産業に限らず、世界の動きそのものを見る。そういう視点を身に付ていくことが、一人ひとりに求められている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT