日本人がまだ活用できていない2つの「資源」

統計データが明らかにする日本の課題と現状

人口100万人当たりの新刊点数のランキングを見ると、日本は並みいる先進国を抑え、1万点を超え世界1位となっている。これには再販制度(定価販売する制度)という特殊な流通制度が影響していることは否めないが、仮にそれが一因だとしても、これほどの新刊流通を支える豊かな出版文化があることは確かだ。

研究開発費は世界3位

研究開発費のランキングを見てみても、日本は世界3位(対GDP比では6位)であり、イノベーションの創出にお金を十分にかけていることがわかる。

一方で、クリエーティブ活動の指標の1つである「起業活動」のランキングを見ると、日本は下から数えて4番目に位置している。

次ページイノベーション指数は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT