駅グルメのプロが語る"駅ラーメン"ベスト3

駅なかは「カレーラーメン」にも特徴が!

駅そば研究家である鈴木弘毅さんは、リスナーからのリクエストで各地の「駅ラーメン」を訪ね始めたと語る(写真:週刊女性PRIME)

鈴木弘毅さんは、駅の構内やその周辺にある「駅そば」の研究家として知られる。これまでに巡った駅そば店は約3000軒。何度も訪れた店もあり、これまでに食べた駅そばは1万杯を超えるという。「駅そば」とタイトルにつく本を何冊も出版している。

その鈴木さんが近著で挑んだのはなんと「駅ラーメン」!全国の80軒を取り上げている。

駅ラーメンの世界

「私の定義では、駅ラーメンは駅構内と駅ビル、その地下街などにあるラーメン店のことです。ラジオに出演して駅そばのことを話すと、リスナーから“駅ラーメンを紹介してほしい”という声を多くいただきました。それでやってみようと思ったんです」

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

いざ取材をはじめると、鈴木さんがつまずいたことがあった。それはラーメン店の独特の匂いだ。

「私は駅そばの香りをかぐのが大好きなんですが(笑)、駅ラーメンの店から漂うにおいは、かなり強くて、ちょっと食欲が湧きにくかったんです」

しかし、各地の駅ラーメンを訪ねて食べるうちに、だんだん気にならなくなってきたという。

「助手席に座っているときには車酔いしたのに、自分で運転するようになったら平気になるようなものでしょうか」

と笑う。それだけ、駅ラーメンの世界へと入り込んだということか。

街なかには多くのラーメン店があるが、それらの店と駅ラーメンはどう違うのだろう?

「駅そばほど多くはないですが、東武鉄道の春日部などでは、駅のホームで営む立ち食いラーメン店があります。

また、駅そば店でラーメンをメニューとして出す店も増えています。ラーメン用のゆで釜を用意する手間を考えても、それだけ客の需要があるのだといえます

街のラーメン店との違いは、営業時間にも表れている。駅構内の店は朝からやっているし、駅ビルの店でも午前中からラーメンを食べられるところが多い。

次ページカレーラーメン!?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。