駅グルメのプロが語る"駅ラーメン"ベスト3

駅なかは「カレーラーメン」にも特徴が!

最後に、たくさん回った駅ラーメン店から、鈴木さんのベスト3を選んでいただいた。

「まずは、横浜駅の『中華一 龍王』です。正統派の中華そばで、しょうゆスープに深みがあります。日替わりや週替わりのメニューがあり、安く食べられるのもいいです。店の雰囲気も気楽で、居心地がいいです。

次は、北海道のJR釧網本線・止別駅の『ラーメンきっさ えきばしゃ』です。ここの“ツーラーメン”がおすすめ。

刻みチャーシューと白髪ねぎをトッピングした塩ラーメンで、時間をかけてじっくり煮るためにスープが赤っぽくなっています。

最後は、佐世保駅『香蘭』の長崎ちゃんぽんです。カウンター席から、山盛りの具材を豪快に炒める様子を見ることができます。

この店の向かいには『大善』というちゃんぽん屋もあるので、はしごして食べ比べもできます(笑)」

旅に出かけるときには、バッグに忍ばせておきたい最強のガイドブックだ。

ライターは見た!著者の素顔

『全国「駅ラーメン」探訪』(交通新聞社新書)書影をクリックするとアマゾンの紹介ページにジャンプします

駅そば・駅ラーメンの取材では、スープまで飲み干すことをルールにしているという鈴木さん。

「最後の1滴まで飲んでどう感じたかを書きたいんです」。

そのかわり、健康維持のために、いつも歩いているそうです。

「今日も自宅まで3時間歩いて帰りますよ。ほかにも野球観戦、釣り、荷物梱包用のPPバンドを使っての工作と趣味は多いです。また、小説を書いていた時期もあります。1日でいちばん楽しい時間は、ホームページを更新しているときです」

(取材・文/南陀楼綾繁)

鈴木弘毅(すずき ひろき)/1973年、埼玉県生まれ。駅そば、道の駅、スーパー、日帰り温泉など旅にまつわるさまざまなB級要素を研究する「旅のスピンオフ・ライター」。著書に『駅そば 東西食べくらべ100』『駅ナカ、駅マエ、駅チカ温泉』『全国駅そば名店100選』『愛しの富士そば』など。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT