老けこむ人は「声の出し方」が間違っている

1万人以上の声を聞いてきたプロが教える

「大人の変声期」知っていましたか?(写真:Staras/iStock)

最近、なんとなく声が出しにくくて、かすれてしまう。声が通らなくなったような気がする。そういえば、前よりも声が低くなっている……。

もし、こうした声の変化を少しでも感じていたら、それは声の曲がり角、いわゆる「大人の声変わり」かもしれません。

これらの変化は、だいたい40代から起こる方が多いのですが、女性の場合は低くなりつやがなくなり、男性の場合は、年齢とともに声帯の筋肉が衰えていくため声が高くなっていく傾向にあります。

原因は、加齢によるホルモンバランスの崩れによる声帯の変化、筋肉の衰え、長年の間違った声の出し方による喉の痛みですが、「仕方がない」とあきらめて放置しておくと、声を出すたびに喉に負担をかけることになりかねません。放っておくと、ガラガラのおばさん声や、こもって響かないおじさん声になってしまうかも。では、どうすればいいか?

喉を痛める発声法は、顔をたるませる? 

喉に負担をかけない正しい発声法をすればいいのです。正しい発声法をすれば、喉を痛めることもなく、つやのある美しい響きの声を出すことができるのです。

とはいえ、自分が正しい発声をしているかどうか、なかなかわかりませんよね。そこで、誰でもすぐに簡単にわかる方法をお伝えしましょう。

鏡に向かって「いー」と発声してみてください。このとき、首に縦の筋が走っていたら、喉を痛める発声法をしているということ。

口角を横方向に引く働きのある「笑筋(しょうきん)」という筋肉を使って発声すると、このように首に縦筋が入るのですが、この笑筋は声帯周りに直結しているため、笑筋を使えば使うほど、喉に負担をかけてしまうのです。

では、喉に負担をかけずに「いー」と発声するにはどうすればいいでしょうか?

それには、目の下の涙袋からぶら下がっている「口角挙筋」という筋肉を使います。口角挙筋を涙袋が反応するくらい引き上げるようにして発声すると、喉を痛めることはありませんし、首に筋が入ることもないのです。

次ページ「口角挙筋」での正しい発声法
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。