2019年、新天皇が会う最初のVIPは誰なのか?

来年の重要イベント日程を今から押さえよう

えっ、それじゃ2019年は祝日を1日損したみたいじゃないかって?いやいや、お忘れなく。4月27日から5月6日までの10連休が予定されている。天皇陛下が即位する5月1日が祝日となるので、「祝日と祝日に挟まれた日は国民の休日となる」という祝日法の規定が発動される。

すなわち、4月29日(昭和の日)との間の4月30日、および5月3日(憲法記念日)との間の5月2日が、まるでオセロゲームのように休日に化けるのだ。ただしこの件は12月8日の未明、つい先日の臨時国会で法案が通ったばかりの話なので、前出のように、現在売っているカレンダーには反映されていない。ご注意なされよ。

それにしても株式市場が10日間も連続して休みということになると、この間に海外の市場が大きく動いた場合はどうすれば良いのか。医療機関や保育施設の現場も支障が出るかもしれない。この辺の対策は、今後の議論に待たねばならない。

2019年はとにかく皇室関連行事が多い。絶対に間違いが許されないようなものばかりゆえ、政府関係者にとっては気が休まらない1年となるだろう。以下に関連行事をご紹介しておくが、10月22日(火)も来年限りの祝日となる。

2019年の皇室関連行事とは?

●退位の礼 4月30日~退位礼正殿の儀
 ●即位の礼 5月~10月
 *剣璽等承継の儀→三種の神器、御璽と国璽を新天皇に引き継ぎ(5月1日)
 *即位後朝見の儀→新天皇が三権の長らと会見し即位を宣言(5月1日)

*即位礼正殿の儀→新天皇が「高御座」に立ち、即位を宣言(10月22日)
 *祝賀御列の儀→パレードで国民の祝福を受ける(10月22日)
 *饗宴の儀→国内外の賓客を招いて即位を披露(10月22日~23日)
 *首相夫妻主催晩餐会→来日した賓客に謝意を示す(10月23日)
 ●大嘗祭 11月14~15日~天皇が即位後に初めて行う新嘗祭

新しい天皇陛下が即位するとなると、海外の要人がお祝いにやってくる。2019年はちょうど6月28~29日に大阪G20サミットという恰好なイベントがあるから、その前後は文字通り皇居が千客万来となるだろう。

次ページ新天皇陛下に最初に面会するのは誰か?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。