テスラモデル3の購入に躊躇してしまう事情

数年先のスタンダードタイプでも遅くない

テスラモデル3に試乗してわかった乗り心地の価値とは(著者撮影)

話題のテスラモデル3に試乗する機会に恵まれた。今回試乗を行ったのはモデル3の中で現在提供されているものとしてはいちばん下のクラスとなる「ミッドレンジバッテリー・リアホイールドライブ」だ。この上のクラスとしてはロングレンジバッテリー・デュアル・モーター(AW)、さらにパフォーマンスモデルがある。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

あえて最も下のクラスを選んだのは、価格とそれに伴う車の実力を見てみたかったからだ。

パフォーマンスモデルの場合、さまざまなオプションをつけた価格は税金など諸費用込みで8万ドル(約890万円)程度になり、モデルXとそれほど変わらなくなる。テスラが大量生産に踏み切った以上、需要が多いと予想されるいちばん下の価格の車の実力を見るのが合理的に思われた。

スペックを比較すると、0~60マイル(停止状態から時速約100キロ達成)までの時間はパフォーマンスで3.3秒、デュアルモーターで4.5秒、リアホイールで5.6秒。1回の充電での継続走行距離は上の2つのクラスが310マイル(約500キロ)、リアホイールが260マイル(約416キロ)。トップスピードは上のクラスから155マイル(約250キロ)、145マイル(約230キロ)、125マイル(約200キロ)となっている。

さて試乗である。まず、外回りをチェックすると、色はブラックだが塗装についてもドアハンドルのクロームにも高級さを感じられ、全体の仕上がりも満足できるものだった。

ほぼすべての操作はタッチパネルから

テスラを購入すると専用アプリのダウンロードが必須となる。充電装置のスーパーチャージャーを利用したときの課金もアプリを通して行われる。ちなみにメンテナンス予約もアプリからだ。ロック解除もスマホによって行うことができる。今回はカードキーを使用したが、これはあくまでバックアップの位置づけだ。スマホをドア横のピラーにかざすと車はロック解除され、中に乗り込んで軽くブレーキを踏むだけで自動的に始動する。

モデル3の大きな特徴はシンプルなダッシュボードにある。カウンターのような一枚板、真ん中に大きなスクリーン。ほとんどすべて操作はこのタッチパネルスクリーンによって行う。ライトの点灯、エアコンの操作に至るまですべてだ。スピードメーターなどのメーター系もすべてタッチパネル上に表示される。

次ページ期待は上回るが値段が…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT