「テスラ・キラー」EVベンチャーが失速した真因

財政難、創業者退任、従業員大量リストラ続く

テスラ・キラー筆頭とされたファラディ・フューチャーのコンセプトカー(筆者撮影)

「テスラ・キラー」「中国からの刺客」と騒がれ一時大きな話題となった、カリフォルニア州のEVベンチャー、「ファラディ・フューチャー」。しかし2016年の華々しいデビュー以来、当初にぶち上げた工場建設や新車リリースの予定は遅延の連続、工場の規模縮小など財政難が囁かれ、今年10月にはついに従業員の大量リストラが発表された。

ファラディ・フューチャーという名前は日本ではなじみが薄いかもしれない。しかし米国では2014年の創業以来「テスラ・キラー」と話題になってきた。背景に中国マネーが存在すると噂されてきたが、動画配信サービスなどを手掛け「中国のネットフリックス」と呼ばれるLeEcoのジア・ユエティン氏がCEOに就任したことでそれが裏付けられた。

中国マネーと経営スピードの早さで注目

ファラディ・フューチャーが注目されたのは中国マネーの存在もさることながら、2016年1月にラスベガスのCES(コンシューマー・エレクトリック・ショー)で大々的な記者会見を開き、北ラスベガスでの総額10億ドル(1120億円)の工場建設や、コンセプトカーの発表をしたことからだ。

創業から1年ほどですでにコンセプトカーを作り上げ、工場建設からプロトタイプの生産までを視野に入れる、というスピード感が人々を驚かせた。2017年1月には市販モデルのプロトタイプを公開。10万ドル(1120万円)を超えるEVスーパーカー「FF91」の予約販売も発表された。

しかもこの間にファラディ・フューチャーはカリフォルニア州シリコンバレー付近に第2工場の建設に着手、自動運転への取り組みまで発表した。また最初にコンセプトモデルとして発表された「FF ZERO 1」でEVによるレーシングイベント、フォーミュラEにも参戦を始めた。その経営の多角化とスピードから、今度こそ本物のテスラ・キラーが登場かと話題を集めた。

次ページ当初の勢いはあったが…
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。