アルファロメオ最強SUVはこんなにもスゴい

「ステルヴィオ」クアドリフォリオに乗った

アルファ ロメオ初のSUV「ステルヴィオ」に最強仕様が追加された(筆者撮影)

最高出力510馬力、最大トルク600Nm。

これほどまでに圧倒的なパワー&トルクを携えているのが、スポーツカーではなくSUVだと聞けば、誰もがワクワクしてくるはず。

アルファ ロメオ初のSUVであるステルヴィオに追加されたトップモデル、「クアドリフォリオ」は、まさにそんな1台である。

ステルヴィオのベースとなっている新世代のサルーンである「ジュリア」にも、同様にクアドリフォリオというグレードがラインナップされるが、ステルヴィオのクアドリフォリオは、これと同じパワートレーンを搭載したモデルということだ。

すでにご存じの読者も少なくないだろうが、改めてこのパワートレーンのスペックを見ていこう。

0-100km/h加速は3.8秒!

510馬力/600Nmを発生するのは、2.9Lの排気量をもつ90度のバンク角のV6ツインターボ。そしてこれに8速ATを組み合わせて、電子制御で前後のトルク配分を、走行状況やその他に応じて可変する仕組みを持った4WDである「Q4」を介して路面にパワー&トルクを伝える仕組みだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

結果、クアドリフォリオは車両重量で1910kgと、そのサイズからするとヘビー級ともいえるボディにもかかわらず、0−100km/h加速タイムは実に3.8秒を、最高速は283km/hを達成するスーパーSUVとなった。そしてニュルブルクリンクの北コースにおいて2017年9月、量産SUVとしての最速ラップ7分51秒7を達成した。

こうしてそのプロファイルを見ていくと、かなりモンスターなSUVだと断言できる。

しかし実際にその姿を目にすると、ノーマルのステルヴィオからは実はそう大きくは変わらなかったりする。

次ページノーマルとの違いは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。