アルファロメオ最強SUVはこんなにもスゴい

「ステルヴィオ」クアドリフォリオに乗った

スポーティーな内装(筆者撮影)

そしてさらに、クアドリフォリオの場合はその先に、「RACE」というモードがある。これは車両制御安定装置を解除して、サーキットなどで存分にそのポテンシャルを発揮するモードとなる。つまりDモード、RACEモードともに、アルファ・シャシー・ドメイン・コントロールによって、車両の電子制御システムは統合制御され、その状況に応じて最高のパフォーマンスを発揮してくれるわけだ。

RACEモードは公道では使うシーンがないが、Dモードはワインディングなどで使えば、クアドリフォリオの走りに一層の輝きを見せてくれる。この時、アクセルを踏み込めば、極めて官能的なサウンドが響き渡る演出もなされており、アクセルオフではミスファイアリングシステムによってバラバラと弾けた音を立てるほどで、まるで別のクルマになったかのような熱さを感じさせてくれる。

そしてDモード、RACEモードともに、アルファ・シャシー・ドメイン・コントロールによって、車両の電子制御システムは統合制御されており、その状況に応じて最高のパフォーマンスを発揮してくれるわけだ。

それにしても通常、これほどのハイパフォーマンスモデルだと、パワー&トルクを効率よく路面に伝えるために、車を上から押し付けるようなサスセッティングになる。

ライバルとは一線を画すサスペンションセッティング

実際にライバルともいえるメルセデス「AMG GLC63S 4MATIC+」などはその典型ともいえる1台で、ビタッとタイヤを路面へ押し付け接地させ走る感覚が強い。とにかく押さえ込むことで車両を安定させて、大パワーを路面に伝えて走るという感じだ。

しかしながらクアドリフォリオは、そうしたライバルとは一線を画すサスペンションセッティングとなるのがユニークなところだ。ライバルがタイヤを路面に押し付けるのに対して、クアドリフォリオはボディを軽やかに動かしてタイヤを最適接地させる感覚が強くある。

なので、ロールなどはスポーツモデルらしく抑え込まれているものの、それでもコーナリング時にはボディをある程度動かし姿勢を変化させてことで駆け抜けていく仕立てなのだ。そしてこのボディの動きとともにタイヤを接地させて大パワーを路面に伝えていく。だからライバルに比べると、これほどのハイパフォーマンスモデルなのに、ヒラリとした身のこなしを感じるのである。

次ページ極めてクイックなステアリングギア比
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT