お金持ちが高額品の換金に迫られる事情3選

香港オークションが断然世界一と言えるワケ

クリスティーズ香港のオークションに出展されたパブロ・ピカソの絵。美術館とは違って間近で鑑賞できるのは超うれしい(写真:筆者撮影)

ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。先日、私は香港で行われた世界で最も有名なオークションハウス、クリスティーズのオークションに前夜祭から参加しました。このオークションでは、宋の時代の詩人、書家である蘇軾(Su Shi)の水墨画がなんと、東洋美術史上最高額の約68億円で落札され、大きな話題になりました。

ピカソ、モネ、ゴッホ…世界一の香港オークション

ボストン・コンサルティング・グループの世界の家計金融資産に関する調査(2015)によると、超富裕層の割合が多い国は、1位香港(10万世帯当たり15.3世帯)、2位シンガポール(同14.3世帯)、3位オーストラリア(同12.0世帯)という順番になっています。国土が狭く、街中は庶民的な香港ですが、これだけ多くの超富裕層が生活しているのです。

実は、バブル真っ盛りの1980年代、オークション市場が最も活発だったのは日本でした。1987年には安田火災海上保険(現損保ジャパン日本興亜)がフィンセント・ファン・ゴッホの『ひまわり』を50億円以上の金額で落札し、当時は大きな話題となりました。後から振り返れば、楽々とあのお金を出せたのはバブル時代だったからでしょう。

しかし、バブル崩壊以降はチャイナマネーの影響もあり、世界でいちばん大きい市場は香港に完全に移っています。

「テンミリオン(わかりやすく1ドル=100円で計算すると約10億円)……テンミリオンファイブ(同10億5000万円)……イレブンミリオン(同11億円)」……、と熟練した競売吏(オークショニア)が、僧侶のお経のように入札価格を読み上げていきます。そんなクリスティーズで最大規模の香港オークションは、年2回(例年、5月と11月)ほど行われ、計6日間で会場には約5万人が来場します。

すべての作品が展示される前夜祭には、世界一大きなサファイア、見たことがないほどの数があるエルメスのバーキンコレクション(その多くはクロコダイルなどのレア物や高級品)、パブロ・ピカソ、クロード・モネやフィンセント・ファン・ゴッホなどの有名絵画が勢ぞろいしています。

絵画や世界一大きいサファイアなどのほかに、珍しいクロコダイルのエルメスのバーキンも出品されている(写真:筆者撮影)

しかも、美術館と違って絵画の前にロープがかけられることもなく、ある意味では美術館よりもたくさんの芸術品、工芸品を間近で鑑賞できるので、大興奮でした。

次ページオークションでの大人気商品とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。