あの「ビースティ・ボーイズ」が出した回想録

MCAの死から6年、2人は何をしているのか

不敬、狡猾さ、控えめなクールさからキャリアを築いたビースティ・ボーイズには、必ずしも派手なイメージはない。彼らはポップカルチャーにおいてラップが支配的な勢力ではなく一時の流行のようなものだった時代に、ハードコアからヒップホップに転換した。

幼稚で冒涜的だった彼らは、1990年代までには主張とイノベーションを備えたミュージシャンとなる。ヤウクは仏教徒で、フェミ二ストとしても積極的に発言した。監督にスパイク・ジョーンズを迎えた1994年の「サボタージュ」のミュージックビデオはジャンルの転換を促した。

彼らのレガシーをまとめた本書は、一般的なロックスターの自伝とは異なる。ベビーブーム世代のスターたちのベストセラーよりも面白く、謙虚だ。私たち3人は本のこと、そしてさまざまなことについて語った。

誰かがバンドについて本を書くという話はあった

――この本はどうやって生まれた?

マイケル・ダイヤモンド:僕たちにブロードウェイのミュージカルに挑戦させるよりはましだろう。

アダム・ホロヴィッツ:おっと。

(写真:Brad Ogbonna/The New York Times)

ダイヤモンド:僕らが子どものころ、ヤウクはザ・フーのドキュメンタリー映画『キッズ・アー・オールライト』が好きだった。取りつかれたように熱中していた。アルバム『ホット・ソース・コミッティ』の制作中かそれより少し前だったか、彼は記録をまとめてドキュメンタリーを作ることに興味を抱いていた。その後、誰かがバンドについての本を書くという話があって、だったら自分たちでやるべきだと思ったんだ。でもヤウクが亡くなり、僕らは悲しみに暮れ、それに手をつけられるような状況じゃなかったんだ。

その後、再びプロジェクトに取り組み、さまざまな表現を経た。バンドの周辺の人々や友人、さまざまな形でバンドに関わる人々にストーリーを語ってもらうというアイデアからスタートした。

次ページよくあるロック自叙伝にはしたくなかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。