あの「ビースティ・ボーイズ」が出した回想録

MCAの死から6年、2人は何をしているのか

――こういうものにはしたくないと思っていたものは何?

ダイヤモンド:よくあるロックの自叙伝のようには絶対したくなかった。「ある日バスに乗り込んだら、ギターを弾いている少年がいて、その少年こそがジョン・レノンだった」みたいな。

ホロヴィッツ:それもよかったかもしれないけどね。ビースティ・ボーイズの物語の中なら。でもいろんなものを寄せ集めて、写真を少しずつ挟むような自伝にはしたくなかった。

自分たちが全然覚えていないことに驚いた

――2人の記憶が違っていた部分もあった?

ホロヴィッツ:いや、それよりも、どっちかが覚えてる?みたいな感じ。

ダイヤモンド:自分たちが全然覚えていないことに驚いたよ。

――長い時がたっている。

ダイヤモンド:特に、大人になる前のクレイジーな時を過ごすことが重要に思えていたからね。成長する時期だったし、ニューヨークにいた。

――その時のこと、あなたが聴いていた音楽を今どう振り返り、またそれができると思ったのはなぜ?

(写真:Brad Ogbonna/The New York Times)

ホロヴィッツ:僕たちは15歳くらいで、バンドを見に行くと、ハードコアのパンクバンドのようなものばかりだった。僕はギターを持っていて、コードも少し知っていて、ラモーンズの曲が弾けると気づいた。そうしたら、ラモーンズの曲はみんなこんなもの?って感じで、演奏できたんだ。僕たちができそうな唯一の音楽がハードコアだった。パンクですらお上品に思えた。

ダイヤモンド:入り口はそこだね。それより前はビッグなロックバンドがステージにいて、そこには届かなかった。でもA7のようなクラブはこのホテルの客室ぐらいの大きさで、まさにこのソファと同じようなものがステージの端にあった。観客とバンドの間の境界はなくて、観客の多くはバンドをやっていた。

次ページあの頃は誰もがクリエイティブな野心を持っていた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。