あの「ビースティ・ボーイズ」が出した回想録

MCAの死から6年、2人は何をしているのか

――こういうものにはしたくないと思っていたものは何?

ダイヤモンド:よくあるロックの自叙伝のようには絶対したくなかった。「ある日バスに乗り込んだら、ギターを弾いている少年がいて、その少年こそがジョン・レノンだった」みたいな。

ホロヴィッツ:それもよかったかもしれないけどね。ビースティ・ボーイズの物語の中なら。でもいろんなものを寄せ集めて、写真を少しずつ挟むような自伝にはしたくなかった。

自分たちが全然覚えていないことに驚いた

――2人の記憶が違っていた部分もあった?

ホロヴィッツ:いや、それよりも、どっちかが覚えてる?みたいな感じ。

ダイヤモンド:自分たちが全然覚えていないことに驚いたよ。

――長い時がたっている。

ダイヤモンド:特に、大人になる前のクレイジーな時を過ごすことが重要に思えていたからね。成長する時期だったし、ニューヨークにいた。

――その時のこと、あなたが聴いていた音楽を今どう振り返り、またそれができると思ったのはなぜ?

(写真:Brad Ogbonna/The New York Times)

ホロヴィッツ:僕たちは15歳くらいで、バンドを見に行くと、ハードコアのパンクバンドのようなものばかりだった。僕はギターを持っていて、コードも少し知っていて、ラモーンズの曲が弾けると気づいた。そうしたら、ラモーンズの曲はみんなこんなもの?って感じで、演奏できたんだ。僕たちができそうな唯一の音楽がハードコアだった。パンクですらお上品に思えた。

ダイヤモンド:入り口はそこだね。それより前はビッグなロックバンドがステージにいて、そこには届かなかった。でもA7のようなクラブはこのホテルの客室ぐらいの大きさで、まさにこのソファと同じようなものがステージの端にあった。観客とバンドの間の境界はなくて、観客の多くはバンドをやっていた。

次ページあの頃は誰もがクリエイティブな野心を持っていた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。