米ウーバー、2019年から大阪でタクシー配車

名古屋に続き進出、カジノや万博前に存在感

 12月3日、米配車大手ウーバー・テクノロジーズが大阪でもアプリを使ったタクシー配車サービスを来年から始める。9月撮影(2018年 ロイター/Hannah Mckay)

[東京 3日 ロイター] - 米配車大手ウーバー・テクノロジーズ[UBER.UL]が大阪でもアプリを使ったタクシー配車サービスを来年から始める。名古屋に続いて大阪にも進出し、国内展開に弾みをつける。大阪では2024年にカジノを含む統合型リゾート(IR)の開業、25年には国際博覧会(万博)の開催が予定されており、交通手段としての存在感をアピールする狙いだ。

関係者によると、大阪府も世界65カ国600以上の都市で利用されているウーバーと組むことで訪日客の利便性を高め、IRと万博を機に国際都市としての「大阪」を売り込みたい考え。大阪府はウーバーが23年の実用化を目指す、垂直に離着陸できる「空飛ぶタクシー」の導入にも高い関心を示しているという。

ウーバー日本法人の3日の発表によれば、同社は大阪でタクシー車両642台を保有する未来都(門真市)と協業し、19年1月を目標にウーバーのアプリを使ったタクシー配車サービスを開始する。未来都は今後の利用状況を見ながら、使用できる車両台数を増やす方針だ。

大阪での配車サービスを巡っては、中国最大手の滴滴出行(DiDi)とソフトバンクグループ<9984.T>の合弁会社「DiDiモビリティジャパン」がすでにサービスを始めている。今年9月から第一交通産業<9035.FU>など12社のタクシー1000台以上が配車できるようになっており、今後もさらに台数は増える見込み。大阪のほか、東京、京都、福岡、沖縄での展開も計画している。

ウーバーはライドシェア(相乗り)サービスを世界各地で展開しているが、日本では「白タク」として原則禁止されている。このため、タクシーとの協業により、アプリを使った配車サービスによる全国展開を進めている。今年7月から兵庫県の淡路島で実証実験を行っているほか、9月には名古屋で初めて本格的な商用サービスを始めた。

利用者がウーバーのアプリで行き先を入力して配車を依頼すると、近くのタクシーが迎えに行く仕組み。事前に登録したクレジットカードで決済されるため、降車時に料金を支払う必要がなく、経路も表示されることから、行き先も説明しなくて済む。

 

(白木真紀)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。