「女子割礼」議論がマレーシアで白熱するワケ

これははたして文化的義務なのか

しかし一方で、イスラム教団体「インドネシア・ウラマー協議会(MUI)」や保守的イスラム教学者などからは、「女子割礼はイスラム教徒の証であり、高貴な行為として奨励されるべき宗教的義務である」として政府の禁止措置に異を唱えている。

とはいえイスラム教団体や学者の間でも具体的な方法については、「陰核の一部を切り取る」ことは禁止しているほか、「陰核を覆う薄皮だけを切り取る、傷つける」ことが正しい方法である、との見解を示しているMUI地方支部もあるなど、必ずしも一元化されていない。

甘い果物を食べることを戒める風習も

このほか、インドネシアでは若い女性がパパイヤやパイナップルなどの甘い果物を食べることを戒める習慣が特に地方には依然として残っている。理由は「膣への分泌が増え好色、淫乱になる傾向がある」というこれもまったく根拠のないものだ。この背景にもイスラム教の「女性はつねに慎ましく、貞操的であれ、純潔であれ」との価値観が色濃く反映されているという。

マレーシアでの女子割礼を巡る議論が白熱する中、「割礼はマレー文化である」と発言した医学博士でもあるワン・アジザ副首相は、同日国会内で記者団に対し「健康省と女性家族開発省の間で女子割礼に関する協議を始めている」ことを明らかにした。

「その協議の結果をみてから今後のことは検討したい」としており、マレーシア政府や自らの「文化である」との発言への強い反発を考慮して、政府として「女子割礼が本当に必要なものなのかどうか。必要ならどのような方法が利益のあるものなのか、必要ないならどうするのか」という検討を通じてマレーシアの立場を内外に示したいようだ。

時代の趨勢は、「女子割礼は禁止あるいは形式化、簡略化」であるのに対し、「女子割礼は文化」との意識が根強いマレーシア。見直し協議を経て、はたして女子割礼を国際的なスタンダードに合わせることはできるだろうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT