シンカリオン、「鉄」は見ないともったいない

JR各社が協力、会社の枠越えた異例のアニメ

E5系が巨大ロボットに変身 ©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS

このイラストが社内のコンテンツビジネス局のメンバーをざわつかせた。この新幹線人気を使わない手はない。では、何をやろう。その時、小プロのスタッフが描いた1枚の絵にひきつけられた。新幹線がスタイリッシュなロボットに変身しているイラストだ。

「これはすごい!」

みんなが声を上げた。「いけますよ。新幹線ロボット! 絶対に人気が出る」。かくして、1枚の新幹線ロボットのイラストに名前がついた。「プロジェクトE5」である。

jekiは、『ポケットモンスター』の版権を保有するうちの1社である。そこから察せられるとおり、エンターテインメントビジネスについて先見の明がある。

意外にも誰にも反対されなかった「新幹線の変形ロボ」

鈴木氏とチームメンバーは、1枚の新幹線ロボットのイラストに可能性を感じた。そこで鈴木氏らは、親会社であるJR東日本の各部署を回り、上層部を説得して回った。時間をかけて調整はしたが、不思議なことに、誰からも反対されることがなかった。

JR東日本のE2系新幹線がずらりと並ぶ姿は壮観だ(写真:SMDE)

「とにかく格好よく作ってくれよ」。JR東日本に温かく背中を押してもらい、シンカリオンのプロジェクトはレールに乗り始めた。「新幹線をロボットにしたキャラクターを作っていい」という許諾が降りたのである。

さっそくCGで作った3DアニメーションをベースにFRPで作ったフィギュアモデルをおもちゃショーに出店した。おもちゃショーのメインコーナーはおもちゃブースだが、jekiの出店はその他の出展エリアにあった。ところが、ショーに来ていた一般客の間で「新幹線の変形ロボがあるらしいぞ」とうわさになり、ショーの流れを変えてしまうほどの人気となった。

この勢いを借りて、さらにビジネスの形にするにはどうすればいいか。おもちゃショーが終わった後、jekiと小プロはおもちゃメーカーのタカラトミーに声をかけ、3社で協議し、内容のブラッシュアップを始めた。

まず、新幹線が変形したロボットだと一目で誰にでもわかるようにする必要がある。プラレールショップに集まった親子客や、小学館の経営する幼児教室に通う幼児にアンケートをとり、子どもたちは新幹線の先頭車両を「顔」として認識していることがわかった。

次ページ大人が見ても格好いいロボット
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT