新興国リスクが意外に小さい「6つの理由」

危機が起きる可能性は4%程度かもしれない

トルコリラショックの影響は決して小さくなかった。マーケットが再び新興国ショックに見舞われる可能性はあるのだろうか(写真:人工知熊/PIXTA)

トルコ、アルゼンチンなど、経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)が脆弱な国の通貨が今年暴落したのは、まだ記憶に新しい。とくに、トルコリラは直近で反発しているとはいうものの、痛手を負った投資家は少なくないようだ。アメリカの利上げによるドル高や米中貿易戦争も相まって、他の新興国でも海外資本の流出や通貨の下落、暴落、さらには債務危機が起こらないかが、目下気になるところだろう。

特に、アメリカの利上げは、1994年のメキシコ、2000年のブラジル、2002年のアルゼンチンの債務危機の発端となったと考えられていることから、同様のことが今回も起こるのではないかと懸念されている。

しかし、筆者は新興国の債務危機の可能性を、今過剰に意識する必要はあまりないと考えている。その理由を述べていこうと思う。

一般に、新興国が債務危機に陥る原因として、以下の6つことが考えられている。

債務危機はさまざまな要因が絡み合って起こる

① アメリカの利上げによる資本流出・通貨の下落によるもの
② 米中貿易戦争の影響を受けるというもの
③ コモディティ価格が一定以上下落した際に、資源国の経済が混乱するというもの
④ リーマンショックのような、先進国発の世界同時金融危機が起きた際に影響を受けるというもの
⑤ 民間債務が膨大に積み上がった、中国経済がハードランディングした場合に影響を受けるというもの
⑥その国独自の要因によるもの

それぞれについて詳しく説明していく。

次ページ次に危ないとされるインドネシアはどうか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT