JALパイロット「飲酒逮捕」問題の根本原因

急成長の裏で、過重労働が空の安全を脅かす

10月下旬には、ANAホールディングス傘下のANAウイングスでも、社内規定の乗務12時間前以降に飲酒したパイロットが体調不良を訴え、沖縄の離島路線で乗務予定だった5便がそれぞれ1時間弱遅延する事案が発生した。

ANAホールディングスの片野坂真哉社長も、JALと同じ11月16日に記者会見を開き、アルコール教育の徹底を強調した(記者撮影)

ANAHDの片野坂真哉社長は「運航にかかわる者のアルコール教育を一層徹底する」とし、JALと同日に開いた記者会見で陳謝。航空機だけでなく、「人の安全・点検にもしっかりと取り組みたい」と話した。ANAは全パイロットに携帯型呼気検査機を貸与するなど、自己管理の徹底と検査体制の強化を進めるという。

JALやANAだけの問題ではない。前出の小林氏は、「大手は交代要員がいるが、(人員に余裕がない)LCC(格安航空会社)で同じことが起これば即欠航となってしまう。JALやANA以外を厳しく見る必要がある」と指摘する。

国も対策に動き出した

国土交通省は事態を重く見て、「航空従事者の飲酒基準に関する検討会」を設置。有識者を集め、海外の運航乗務員の飲酒関連基準を参考にし、飲酒に関する基準の検討を進める。

JALの赤坂社長は会見で、JAL社内の「飲みニケーション」文化について、「(これまでは)世代間のコミュニケーション手段として、(お酒を)是としているところはあった。公共交通機関の一員として、これについても考え直さなくてはならない」と言及した。

JALの赤坂祐二社長は「飲みニケーション」の文化を考え直す必要があると語った(記者撮影)

空港で地上業務をこなすグループ社員の反応は冷ややかだ。「パイロットはこうした事態が起こっても、世間から直接反応を受けない。だが、われわれグループ会社の地上職員は、ほとんどかかわりのないパイロットの失態、それに伴う遅延についてお客様からクレームをぶつけられる」。「自覚が感じられないし、会社の看板として情けない」(ともにJALグループ関係者)。

航空評論家の小林氏は、「パイロットは飛行機をコントロールする前に、自分をコントロールすることが重要」と強調する。JALをはじめとする航空業界は、信頼を取り戻していけるか。成長と安全の狭間で、難しい舵取りが求められる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。