日経平均の先行きに「強気」になれない理由

企業業績予想は保守的、株価も安そうだが…

もちろん「ずっと長期で株式や株式ファンドなどを保有しよう、毎月積み立てで投資残高を増やしていこう」、という投資家は、別に何も変わったことをする必要はない。

そうした投資家に絶対やって欲しくないことは、2019年だと想定される最安値になってから、怖くなって売却してしまうことだ。もし不幸にして筆者の見通しが実現し、2019年半ばに日経平均が2万円前後の推移となった場合は、「あぁ、馬渕さんが言った通りになったね、ふ~ん、あっそう」と、鷹揚に構えていただければ幸いだ。

こうした流れの中での日経平均株価の今週の見通しだが、まだ本格的な下落相場に入るには早いが、先週前半までの堅調な推移も勢いを失い足踏みに転じると考え、2万1900~2万2600円を予想する。

気になるNYダウのジンクス

さて、最後は少し話題を変えて、筆者の2019年前半を中心とした日米株価の下落シナリオに、都合が悪い(笑)ジンクスを紹介しよう。

これは、実は東洋経済オンライン編集部から「中間選挙後のアメリカの株価はほとんど上昇しているのですが、1980年代以前の古いデータがうまくとれないので、馬渕さんの方で調べてもらえますか?」というご依頼を受けて分析したものだ。そこで快諾して調べてみたら、なかなかのジンクスが見つかったというわけだ。

ではどんなジンクスか。20世紀以降、中間選挙直前の10月末に対しての、半年後の翌年4月末までのニューヨークダウの騰落率を調べてみたのだが、20世紀最初の中間選挙年だった1902年からデータをとってみたところ、第2次世界大戦前は株価が下落したことがあった(5回)ものの、実は戦後は一度も株価が下落していないのだ(厳密にいえば1942年以降)。

今年10月末のNYダウは2万5115ドルだったので、このジンクスが今回も的中すれば、2019年4月の同指数はそれ以上になる。もしこうであれば、筆者の2019年の株価大幅下落シナリオは外れることになる(もちろんいったん下がってから上がるという可能性もある)わけだが…。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • コロナ後を生き抜く
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。