老舗シチズン「アップルと戦わない」時計戦略

スマートウォッチ開発で米フォッシルと提携

「腕時計がもはや必需品でないことは分かっていたこと」と戸倉社長は話す。「ソフトウエアで勝つのは難しい。ならば1~2年で買い換えるウエアラブル端末ではなく、いかに人生の嗜好品として長く使用でき、愛される腕時計を作れるかで勝負していきたい」。

シチズンの戸倉社長は「時計は必需品ではなく嗜好品」という考えの下、戦略を描いている(撮影:風間仁一郎)

一方で「美しい腕時計」だけを目指すのであれば、スマートウォッチである必要はないのかもしれない。戸倉氏は、「多様な消費者に受け入れられるためには、スマートウォッチのような求められる技術は取り入れる必要がある」という。細分化されてきた消費者の好みに合わせたアプリを提供することで、腕時計を買ってもらいやすくなるとの考えだ。

フォッシルと新たな可能性を生み出せるか

今回シチズンと提携するフォッシルグループは、スマートウォッチの開発に必要なアプリケーション開発に実績がある。心拍数やアクティビティ(運動)の記録、カレンダーに入力した予定のリマインドといった機能だ。

今年創業100周年を迎えたシチズンは、ハイブリッドスマートウォッチで市場縮小の波に抗えるのか(撮影:風間仁一郎)

より多彩な腕時計を展開するためにも、シチズンにとってフォッシルの技術は必要不可欠だ。木原氏は、「すでに実用化されているヘルスデータの測定や位置情報サービスだけでなく、腕時計にどのような機能を搭載していけるか可能性を探っていきたい」と提携に期待を込める。

スマートウォッチで一度挫折したシチズンが、腕時計メーカーとしてのアイデンティティを堅持しつつ、デジタル時代を生き残れるのか。今年創業100周年を迎えた老舗メーカーとしての底力が問われている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT