老舗シチズン「アップルと戦わない」時計戦略

スマートウォッチ開発で米フォッシルと提携

しかし、人気は広がらなかった。最大の原因は対応する携帯電話の機種が限定されていたためだ。「一つ一つの携帯電話の機種に通信規格が合うか手間をかけてチェックしながら開発していったため、当時のすべての携帯電話に合わせることは難しかった。時計のハードウエアを作る技術はあるが、デジタル分野で重要なソフトウエアの技術は弱かった」(木原氏)。

ソフトウエアに強みがないシチズンには、OS(基本ソフト)を搭載し、多彩なアプリケーションを使うことのできるアップルウォッチと同じ土俵で戦えないことを痛感させられたのだった。

ハードの強みを生かせる戦略で勝負

こうした経験を経たシチズンは、「技術と美の融合」という同社の理念に立ち返った。液晶パネルを採用するなどデジタル路線だったスマートウォッチのデザインを、アナログ時計の路線へと戻したのだ。

これまでシチズンが開発してきたスマートウォッチの製品群。行き着いたのはアナログ時計のデザインだった(撮影:風間仁一郎)

アップルウォッチ発売から1年後の2016年、シチズンは「エコ・ドライブ Bluetooth」シリーズを発売した。エコ・ドライブは光発電によって電池の交換を不要としたシチズンが強みとする技術である。

メールの閲覧など、液晶パネルでないとできない機能を廃し、スマホの着信を伝える機能など最低限の機能に特化した上で、アナログ腕時計と同じように扱えるようにした。ウエアラブル端末という位置づけではなく、”つながる機能付き腕時計”として打ち出した。

「毎日充電が必要でスマホを補完するようなウエアラブル端末ではなく、スマホと共存していく腕時計を目指している」。開発担当の木原氏は、メーカーとしての開発姿勢が当初のスマートウォッチから変わってきたのだと明かす。あくまで「腕時計会社として美しい腕時計を追究していく」(同)という。

次ページ時計はもう必需品じゃない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT