安田さん拘束現場で進む民主化運動のリアル

シリア内戦の今を現地ジャーナリストが語る

今、イドリブ県で何が起きているのでしょうか(写真:Idlid Coordination Council〈エルカシュ・ナジーブさん提供)
さまざまな社会問題と向き合うNPOやNGOなど、公益事業者の現場に焦点を当てた専門メディア「GARDEN」と「東洋経済オンライン」がコラボ。日々のニュースに埋もれてしまいがちな国内外の多様な問題を掘り起こし、草の根的に支援策を実行し続ける公益事業者たちの活動から、社会を前進させるアイデアを探っていく。

シリア国内で約3年4ヵ月にわたって反政府武装勢力に拘束されていたジャーナリストの安田純平さんが10月23日に解放され日本に帰国しました。安田純平さんの解放について国内ではさまざまな議論を呼んでいますが、一方で、肝心のシリア情勢についての議論が乏しい印象を受けます。

本記事はGARDEN Journalism(運営会社:株式会社GARDEN)の提供記事です

シリア内戦では2011年以降、36万人を超える死者が出ており、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると630万人が難民となって国外に避難をせざるをえなくなりました。戦闘で家を追われるなどした国内での避難民を合わせると1300万人以上が人道支援を必要としている深刻な状況が続いています。

安田さんが拘束された現場はシリア北西部のイドリブ県です。「アラブの春」に端を発した民主化運動が拡大する直前、2009年の時点で195万人の人口を擁していた地域です。その後、内戦が激化し、2015年以降は反政府武装勢力のヌスラ戦線が占拠してきました。今年9月、内戦終結に向けシリア政府軍やロシア軍による大規模な攻撃が行われるという観測から「最大の人道危機」が懸念され、国連などが攻撃を行わないよう停戦を呼びかけていました。

人道危機は免れないのか

先月、シリア反体制派を支援するトルコは、イドリブ県周囲に非武装地帯を設置することでロシアと合意。さらに10月28日、トルコ、ロシア、フランス、ドイツの4カ国首脳がイスタンブールで首脳会談を行い、「永続的な停戦の重要性」を声明文として発表しました。人道危機はいったんは回避されたように見えますが、合意後の衝突も続き予断を許さない状況が続いています。

次ページシリア内戦のいま
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。