会社員より自営業が「金銭的にトク」は本当か

シビアに見極めたい「お金の損得」

会社員と自営業、いったいどっちがトク?(写真: Fast&Slow/PIXTA)
近年、「サラリーマン生活が不満で辞めたい」「独立・起業したい」という人の話をよく聞きます。何かやりたいことがあって辞めるのであればまだよいのですが、とにかく「フリーになって会社員以上に稼ぎたい」といった夢を抱いているのであれば、その金銭事情に「こんなはずではなかった」と思う方も出てくるかもしれません。
ファイナンシャルプランナーで『お金の損得大全 ささいな違いで、大きく差がつく! 』の著書もある横山光昭さんに、サラリーマン・自営業・副業の「お金」の損得について語っていただきます。

基本的に自営業は「ハイリスク・ハイリターン」

近年、「サラリーマンを辞めて自営業を始めたい」と相談を受けることがよくありますが、まず大前提として、自営業はハイリスク・ハイリターンだと考えるべきです。具体的にイメージできたほうがいいので、実際に、会社員とフリーランスの年収を比べてみましょう。

まずフリーランスについて、2016年に行った中小企業庁の調査を見てみると、全体の50%程度の人が年収300万円以下という結果になっています。ただ全体の2.9%だけですが、年収1000万円以上の人もいます。「半数は年収300万以下だけど、ごく一部の人は儲けている」と言えるのではないでしょうか。

一方、会社員の平均年収は約420万円1000万円超の高所得者は全体で4.2%です。年収が高い人は大企業勤務の場合が多いですし、この数字の中には社長や役員なども入ってくるため、一般の会社員だと現実的にはなかなかそこまでは届かない人が多いでしょう(国税庁「平成28年分民間給与実態統計調査」より)。

ここまではデータの話ですが、そもそも会社員と自営業とでは、お金に関する感覚が違う部分があります。ここも押さえておいたほうがいいポイントです。

たとえば、自営業の売り上げが「100万円」としても、100万円儲けているわけではありません。100万円は利益ではなく、あくまで顧客に対しての売り上げです。事務所や店舗の家賃、仕入れ、人を雇えば人件費もかかります。それを差し引いた額が儲け(利益)として残るため、見た目ほど儲かっていないということもあるでしょう。

次ページ自営業者は不安定
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT