トヨタが燃料電池車で狙う「プリウスの再現」

2015年に市販を開始する究極のエコカー

画像を拡大
一人乗りのコンセプトカー「FV2」(左)と次世代タクシー(右)も公開

トヨタが開発を進めるFCVは優位に立てるのか。FCVの最大の課題は水素を供給するインフラの整備だ。

EVやPHVも充電インフラがネックの一つではあるが、電気の通っているところであれば充電できる。これに対し、水素は供給施設を一から作る必要がある。日本国内では2015年に東京など4大都市圏で100カ所程度が整備される予定だが、その規模ではまったく足りない。

見据えるのは2030年

もちろん、トヨタもこうした問題はわかっている。「2015年時点で、FCVはほとんど普及しませんよ」とトヨタ役員は言い切る。

「プリウスの時と同じだと思っている」(同)

初代プリウスの発売は1997年。HVの市場をゼロから立ち上げた。15年後の現在、少なくとも日本市場でHVは完全に定着している。FCV元年が市販を開始する2015年として、トヨタの目線は2030年にある。

もっとも、トヨタのエコカー開発はFCVだけではない。昨年すでに「プリウスPHV」を発売しており、欧米勢に先行している。「HVにPHV、さらにEVの技術もある。ただEVについては、航続距離の問題がまだ解決できないので1台目として買ってもらうのは難しい」(前出のトヨタ役員)。

全方位でエコカー開発を進めるトヨタ。技術力の高さもさることながら、どの技術が本命になっても十分に対応できる体制こそが、一番の強みだろう。

(撮影:尾形文繁)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT