トヨタが燃料電池車で狙う「プリウスの再現」

2015年に市販を開始する究極のエコカー

トヨタ自動車の目玉はこれだった。

「究極のエコカー」と呼ばれる燃料電池車(FCV)。トヨタはその新しい試作車「FCVコンセプト」を世界初公開した。FCVは、燃料の水素と空気中の酸素を反応させて作り出した電気で車を走らせる。排出されるのは水だけだ。

今回公開したのは、4人乗りのセダンタイプ。2011年の東京モーターショーでも同タイプのFCVを公開しているが、それを着実に進化させた。出力を向上させながら小型・軽量化を実現した燃料電池を搭載し、一回の水素補充で500キロメートル以上走れる。外観は「空気から水へ」をイメージしたものになっている。

市販に向けて準備着々

トヨタは、この試作車をベースにしたFCVを2015年に発売する予定。価格は未定だが、すでに1000万円を切るメドは立っており、「さらにコスト削減を進めていく」(トヨタ役員)。市販に向け、着々と準備が進んでいることがうかがえる。

次世代のエコカーをめぐっては、FCVのほかにも電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド(PHV)など本命候補は複数ある。現在開催中の東京モーターショーで、欧州メーカーが全面に打ち出したのはEVやPHVだ。

次ページ普及の課題は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • コロナショックの大波紋
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界揺るがす地雷原<br>コロナ経済危機の5大論点

欧米で新型コロナウイルスの感染が拡大し、世界経済はマヒ状態に陥る寸前です。米国の信用不安、原油価格急落に欧州医療危機……。世界はどんな地雷を踏みかねないのか、5つの論点で識者に見立てを聞きました。