トヨタが燃料電池車で狙う「プリウスの再現」

2015年に市販を開始する究極のエコカー

トヨタ自動車の目玉はこれだった。

「究極のエコカー」と呼ばれる燃料電池車(FCV)。トヨタはその新しい試作車「FCVコンセプト」を世界初公開した。FCVは、燃料の水素と空気中の酸素を反応させて作り出した電気で車を走らせる。排出されるのは水だけだ。

今回公開したのは、4人乗りのセダンタイプ。2011年の東京モーターショーでも同タイプのFCVを公開しているが、それを着実に進化させた。出力を向上させながら小型・軽量化を実現した燃料電池を搭載し、一回の水素補充で500キロメートル以上走れる。外観は「空気から水へ」をイメージしたものになっている。

市販に向けて準備着々

トヨタは、この試作車をベースにしたFCVを2015年に発売する予定。価格は未定だが、すでに1000万円を切るメドは立っており、「さらにコスト削減を進めていく」(トヨタ役員)。市販に向け、着々と準備が進んでいることがうかがえる。

次世代のエコカーをめぐっては、FCVのほかにも電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド(PHV)など本命候補は複数ある。現在開催中の東京モーターショーで、欧州メーカーが全面に打ち出したのはEVやPHVだ。

次ページ普及の課題は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。