トヨタが燃料電池車で狙う「プリウスの再現」 2015年に市販を開始する究極のエコカー

印刷
A
A

トヨタ自動車の目玉はこれだった。

「究極のエコカー」と呼ばれる燃料電池車(FCV)。トヨタはその新しい試作車「FCVコンセプト」を世界初公開した。FCVは、燃料の水素と空気中の酸素を反応させて作り出した電気で車を走らせる。排出されるのは水だけだ。

今回公開したのは、4人乗りのセダンタイプ。2011年の東京モーターショーでも同タイプのFCVを公開しているが、それを着実に進化させた。出力を向上させながら小型・軽量化を実現した燃料電池を搭載し、一回の水素補充で500キロメートル以上走れる。外観は「空気から水へ」をイメージしたものになっている。

市販に向けて準備着々

トヨタは、この試作車をベースにしたFCVを2015年に発売する予定。価格は未定だが、すでに1000万円を切るメドは立っており、「さらにコスト削減を進めていく」(トヨタ役員)。市販に向け、着々と準備が進んでいることがうかがえる。

次世代のエコカーをめぐっては、FCVのほかにも電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド(PHV)など本命候補は複数ある。現在開催中の東京モーターショーで、欧州メーカーが全面に打ち出したのはEVやPHVだ。

次ページ普及の課題は?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT