ソニー、減益予想から一転最高益になる理由

2019年3月期通期業績予想を上方修正

 10月30日、ソニーは、2019年3月期業績予想(米国会計基準)を上方修正した。写真はソニーのロゴ。昨年11月に東京で撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 30日 ロイター] - ソニー<6758.T>は30日、2019年3月期業績予想(米国会計基準)を上方修正した。営業利益予想は前年比18.4%増の8700億円と従来の減益予想(6700億円)から一転、過去最高を更新する見通し。ゲーム事業が好調なことに加え、EMI連結子会社化などが利益を押し上げる。

会社予想は、リフィニティブがまとめたアナリスト25人の予測平均7964億円を大きく上回る。

ゲーム&ネットワークサービス事業の通期営業利益予想は、前年比74.6%増の3100億円に上方修正。上方修正は1900億円から2500億円に引き上げた7月に続き、今期2度目。

発売開始から約5年が経過した家庭用ゲーム機「プレイステーション4」(PS4)の販売計画は、1750万台と前期から150万台減少するとみているが、従来計画から50万台上乗せした。ネットワークサービスが伸びているほか、ソフトウエアの販売も好調に推移している。

音楽事業の営業利益予想も上方修正。EMI持分の再評価益や連結子会社化の影響などを織り込み、営業利益予想を1150億円から2300億円(前期1278億円)に引き上げた。スマートフォン向けゲームも好調だ。

一方、不振が続くスマートフォンは、販売計画を900万台から700万台に下方修正。前期は1350万台だった。これに伴い、モバイル・コミュニケーション分野の営業損益予想を300億円の赤字から950億円の赤字に引き下げた。赤字額は前期の276億円から拡大する見込み。

全体の売上高は前年比1.8%増の8兆7000億円(従来予想8兆6000億円)を見込んでいる。前提レートは1ドル110円前後から112円前後に、1ユーロ127円前後から132円前後に、それぞれ見直した。

2018年4─9月期は、売上高が前年比5.5%増の4兆1363億円、営業利益は同20.1%増の4345億円だった。

(志田義寧 編集:田巻一彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT