インテル日本法人社長に元ソニー幹部が就任

「ソニーモバイル」を率いてきた鈴木国正氏

インテル日本法人社長に就任した、元のソニーの鈴木国正氏。写真は2013年9月に開催されたソニーモバイル「XperiaZ1」の発表会にて(編集部撮影)

インテルは10月24日、日本法人社長に元ソニーの鈴木国正氏が就任すると発表した(11月1日付け)。

インテル日本法人の社長は日本人の時代が長く、長期政権だったインテル生え抜きの吉田和正氏から2013年10月28日に、同じくインテルでマーケティング畑を歩んできた江田麻季子氏にバトンタッチ。江田氏は5年近く率いてきたが、今年3月末、本人の希望により退任した。

この退任がインテルにとって想定外だったことは、欧州・中東・アフリカ地域をカバーするインテルEMEAのインダストリー・セールス事業部長であるスコット・オーバーソン氏が「後任を吟味、探すための暫定措置」として日本法人社長に就任したことからもわかるだろう。

ソニーの南米事業で実績

新社長となる鈴木新社長は、ソニーの南米事業で実績を挙げた後、VAIO事業部トップに就任。その後、本社執行として「Sony Tablet」、クラウド型メディア配信サービス「Sony Entertainment Network」の立ち上げなどを経て、平井一夫・前ソニーCEO時代の初期に事業拡大を目指したソニーモバイルコミュニケーション社長に就任していた。

現在は縮小均衡にあるソニーのスマートフォン事業だが、当時は社内のエレクトロニクス技術、ノウハウをスマートフォンに集約していく戦略を大胆に進めようとしていた。伸びていた中国市場はもちろん、ソニーのスマートフォン部門が不得手としていたアメリカでも、最大手のベライゾンと組んで大々的に売り込もうとするしていた。しかし、経営トップはスマートフォン市場の変調に対応し、リスクを避ける判断を下す。同事業の計画見直しは2014年に決まった。

次ページ一方、インテルにおける日本法人は…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT