家系ラーメン「町田商店」が抱く全国制覇の夢

上場を機に、手薄な関東以外での出店を加速

ギフトが展開する家系ラーメンチェーン「町田商店」。関東を中心に50店以上の直営店を構える(撮影:大澤 誠)

10月の中旬のとある平日――。住宅が建ち並ぶ東京都町田市の路上で、真っ赤な看板に筆文字で書かれた「町田商店」というラーメン店に、仕事帰りとおぼしきサラリーマンが次々と吸い寄せられていく。

10月19日、このラーメン店を展開するギフトが東証マザーズに上場した。初値は3710円と、公募価格の2090円を上回った。

ラーメン店のプロデュースも

主力業態の町田商店では、横浜家系ラーメンという豚骨しょうゆベースのスープに中太麺を合わせた商品を提供している。麺は自社製造で、3種類の小麦を独自に配合。スープは牛・豚・鶏のさまざまな部位の骨を15時間炊き込んで作るが、こちらの製造は一部を外部に委託している。

町田商店の看板商品である横浜家系ラーメン(写真:ギフト)

ギフトでは町田商店のほか、「釜焚きとんこつ ばってんラーメン」や「釜焚きとんこつ がっとん」などの業態も手掛ける。2018年7月末時点で、東京や神奈川を中心に54店を直営展開しており、駅チカのみならず、地方のロードサイドにも進出。ロードサイドでは、強みとするこってり系のラーメンだけではなく、あっさりとしたラーメンやサイドメニューを充実させることで、車で来店するファミリー層も取り込んでいる。

直営店の運営に加えて、ギフトの事業を支えるのが2010年から始めたプロデュース事業だ。資金力がありラーメン事業を経営したい人に向けて、店舗デザインや社員研修など運営ノウハウなどを提供する。

フランチャイズ契約とは異なり、保証金や加盟料、経営指導料(ロイヤルティ)は不要。食材やスープを購入してもらう形態で、これまでに約350店のプロデュースを手掛けてきた。

次ページ創業者が語る起業のきっかけ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT