韓国のeスポーツ施設が桁外れといえるワケ

一つのゲームのための専用施設が誕生

韓国ソウル「LoLパーク」内のLCKアリーナで10月1日に開催された「2018 World Championship(Worlds2018)」予備予選の様子(筆者撮影)

10月1日から11月3日まで韓国で『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』の世界大会「2018 World Championship(以下、Worlds2018)」が開催されています。

これは世界各国のリーグ戦を勝ち抜いたチームが集結し、世界一を争う大会。日本からはリーグ・オブ・レジェンド ジャパンのリーグ戦LJLの優勝チーム、DetonatioNFocusMeが出場しています。

最もプレイされているPCゲームの世界大会

『LoL』は、米国カルフォルニアに本社を置くゲーム会社が運営、開発をするオンラインゲーム。基本無料で遊ぶことができ、世界各国で遊ばれています。一説には世界で最もプレイされているPCゲームとされています。

ゲーム内容はアリーナと呼ばれるフィールド上に敵と味方の陣に分かれ、5対5のバトルを繰り広げます。世界観はファンタジーRPGの様相で、使用するキャラクター(LoLではチャンピオンと呼称)もその世界に合わせた魔法や剣を使ったものがほとんどです。

アリーナ内にいる雑魚敵を倒し、経験値やお金を稼ぎ、チャンピオンを強化して、最終的には敵本拠地を破壊することを目指します。

Worlds2018は、予備予選となるプレイインから始まり、グループステージを経て、決勝トーナメントのノックアウトステージへ進出する流れとなっています。決勝戦は11月3日に行われ、1カ月もの間、大会が続きます。イメージ的にはワールドカップのグループリーグからノックアウトトーナメントまでの流れと一緒になります。

予備予選決勝ステージへの進出を決めたDetonatioNFocusMeのメンバー(筆者撮影)

DetonatioNFocusMeは、プレイインからの出場となり、見事、突破しました。次のプレイインノックアウト(予備予選決勝)では、残念ながら中国の強豪EDWARD GAMINGに敗退しましたが、これまで日本チームはまだ1勝もできていなかったので、称賛すべき結果でした。

ステージごとに、会場も変わります。ステージが上がるごとに大規模な施設となっていきます。プレイイン、プレイインノックアウトでは、ソウルのLoLパーク、グループステージと準々決勝は釜山のBEXCO、準決勝は光州の光州女子大学校ユニバーシアード体育館、決勝戦は仁川にある仁川文鶴競技場となっています。

次ページスポーツのワールドカップクラスと遜色ない規模
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。