日清食品、「eスポーツ大会を協賛」の舞台裏

ゲーマーと即席麺の親和性だけではない

EVO Japanでは、トップパートナーとしてカップヌードルが支援しました。会場には巨大なカップヌードルのオブジェが飾られ、配信動画にもカップヌードルがカットインしています(写真:日清食品)

eスポーツイベントのほとんどは、そのイベントで使用されるタイトルのIPを保持するゲームメーカーやコントローラーやマウス、キーボードといった周辺機器メーカーによる協賛がほとんどです。そのため、イベントそのものがプロモーションの一貫とみられがちになってしまいます。そういった面では、まだまだイベント単体として成立しているとは言いがたいeスポーツですが、少しずつ状況は変わってきています。

1月26~28日に池袋と秋葉原で開催された「EVO Japan 2018」では、日清食品のカップヌードルがスポンサードしています。EVO Japan 2018ではトップパートナーとしての協賛です。同じく、8月3~5日(現地時間)にアメリカ・ラスベガスで開催されたEVO 2018では日清食品グループの米国法人であるアメリカ日清がスポンサーとして参加しました。

なぜeスポーツイベントに協賛するのか

日清食品グループは数多くのスポーツに協賛してきた食品メーカーですが、eスポーツ事業への参入はここ数年のこと。エナジードリンク系以外では珍しい食品業界のeスポーツへのスポンサードであります。このゲーム業界という直接的なかかわりがない分野にスポンサードすることについて、日清食品グループはどういったスタンスでスポンサードしたのだろうか。そのあたりを日清食品ホールディングス広報部に問い合わせてみました。

日清食品グループが最初にeスポーツイベントの協賛をしたのは、2016年11月に開催した『リーグ・オブ・レジェンド』の「Logicool G Cup」から。eスポーツイベントに協賛するようになって2年も経過していないということです。しかしながら、すでに多くの大会や関連コンベンションなど、ゲーム関係のイベントに機会あるごとに参加しています。

「eスポーツ関連イベントに協賛することになったのは、私たち社員の中にもゲーマーが多く、何かやってみたいという気持ちがあったからです。近年の日本のゲーミングシーンの盛り上がりも肌で感じていて、2016年から本格的な取り組みをスタートしました。EVO Japan 2018については、本家であるアメリカの“EVO”が世界的に盛り上がっていることを以前から知っていましたし、その大会が日本で開催されると聞いて、ぜひ応援したいということで協賛が実現しました」(日清食品ホールディングス広報担当者)

次ページゲーマーと即席麺の親和性
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。