アメリカでとてつもない格差が生まれた本質

現代の経済学をとことん考え尽くしてみる

しかし、マクロ経済学の教科書では「貨幣は物々交換から出てきました」といった具合で説明されるし、経済学者はそういう説明しか与えてきませんでしたが、それでは貨幣と人間の関係は理解できないことは明らかになってきました。

「人間科学」としての経済学へ

中谷:そうだとすると、これから経済学を学ぼうとする人は、今までの前提や理論といったものはいったん脇において、「人間とは何か」という地点からスタートしたほうがいいのでしょうか。

瀧澤:なかなか答えにくいですが、私が勤めている大学も含めて、毎年1000人近くの人を入学させている経済学部がいくつもありますね。その人たちに今までの経済学を押し付けて4年間勉強させることはいいことだとは思えないのです。

中谷:現実には、経済学の教員は昔の経済学を学んでいた人が多いので、旧態依然のカリキュラムが中心になってしまっていますよね。

瀧澤:そうだと思います。でも、世の中に出回っている本をみても、経済学は新古典派経済学やケインズ経済学だけではないことがわかります。もちろん、今までの経済学の教育の中身を大きく変えることはできないとしても、学生たちが経済学だけでなく人類学を組み合わせて学べるような仕組みづくりにチャレンジしていかないと、複雑な世の中には対応できなくなるのではないでしょうか。

中谷:今まで体系だって教えてきたことを教えなくていいということではないけれども、それだけではなく、経済学を相対化して見られるような勉強が必要だということですね。

瀧澤:かなり昔から、そうしたほうがいいと思っていました。経済学者はモデルで結論が出ると、現実もそうなるように思ってしまうところがあります。でもそれはちょっと単純すぎる。

ミクロ経済学やマクロ経済学は、ある仮定にもとづいたフィクションですから、あたかもそれを真であるかのように語ることは望ましくありません。常に経済学を相対化して考えられるように、たとえば政策論で経済政策が実際にどのようにつくられているのかといった現実を見る目も養わなければならないと思います。

現状は、むしろ企業人のほうが、書店で行動経済学や経済史の本を目にしていると思うので、経済学が変わりつつあるという実感を持っているかもしれません。

中谷:経済学が多様化していることを周知するには、一世代ぐらいはかかると思います。ミクロ経済学、マクロ経済学にとらわれない経済学を学んだ研究者が教壇に立つことで、ちょっとずつ、従来の経済学像を払拭していく必要があるのでしょうね。

(構成:斎藤 哲也)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT