富裕層が熱心に通わせる「英語保育園」の現在

英語は当たり前、中国語・プログラミングまで

最初のプロセスとしては、「子どもたち自身がプロジェクトの内容を決める」ということ。

つまり、先生が子どもの興味・関心を把握して、コンセプトを立てることになります。一般の学校にあるように1日や月間の決められたカリキュラムがあるのでなく、つねにゼロイチで構築していきます。

たとえば、あるクラスでは、子どもが行列に興味があると先生が把握します。

そこから「行列」→「ものを並べる」→「いろんな生地のものを並べる」といった形で発展させていきます。半年・1年くらいかかるプロジェクトも良くあるそうです。子どもの興味も途中で変わるため、どういう風に継続発展させていくかは非常に大変で、先生同士のミーティングも重要と言えます。

また別のクラスでは、アングリーバード(Angry Birds 鳥を飛ばすアクションゲーム)に関心が高いということで、ゴム銃であるパチンコを作ることをテーマに設定。

最初の試作品はうまく飛ばなかったため、みんなでデザインを工夫し、ホームセンターで工具をそろえて作ったところ、成功しました。

パチンコ(SLINGSHOT)を使った授業の様子を説明したアンリさん(筆者撮影)

自分たちが選んだテーマだからこそ学びも大きい

そこで終わりではなく、その遊びの中で、次は飛ぶ軌跡を記録するべく、白紙に色の軌跡を残すように先生がアイデアを出して記録し、計測してグラフを作成したそうです。

約5カ月にわたったこのプロジェクトの中では、エンジニアリング、クリエイティビティ、ディスカッション、算数、物理を結果的に学んだことになります。しかも自分たちが選んだテーマなので、集中力も高く効果が得られるというのが、この学校教育のポイントといえるでしょう。

筆者が気になったのが、はさみなどの工具が先の丸い子ども用ではなく、大人と同じ本格的なものを使用していたこと。

子どもたちが授業で使う工具は大人が使う本格的なものだった(筆者撮影)

聞くと、「リスクのないものこそ、リスクがあると考えています」という明確な回答が返ってきました。

これは留学にも言えることですが、近年は危機管理を優先するあまり、若者の挑戦の可能性を減らしている傾向があると感じています。日本の教育が過保護になりすぎている部分も否めません。

次ページ遊びながら英語でプログラミングを覚える
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT