オンライン英会話があれば留学は必要ないか

在宅のトレーニングでどこまで対応できる?

在宅でPCやスマホ・タブレットなどを通じて世界中の講師と言葉を交わせるオンライン英会話が普及してきました(写真:DMM提供)

4月もスタートし、この春から新しい部署で海外や外国人とのやりとりの機会が増えるという方もいるのではないでしょうか。旅行で会話に不自由しない人も、英語での会議やプレゼン、書類やメールなどのビジネス英語となると、不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

筆者はふだん留学事業のコンサルタントとして、実際に海外に渡航して学ぶことを勧めている人間です。ただ、最近はICTの活用など留学だけではない多様な学習の選択肢が増えているのも事実で、オンライン英会話に関しても以前より普及してきました。

果たして語学留学に行かなくても、オンライン英会話だけで会議などのビジネスシーンに対応できるのか、その費用対効果はどうなのでしょうか。今回は、その実力を確かめるべくレアジョブ・DMM英会話・QQ Englishを取り上げ分析しました。

オンライン英会話の老舗、レアジョブの場合

まずは、レアジョブです。

レアジョブは今年で創業10年になります。7年前からいち早くスカイプを使ってフィリピン人との英会話レッスンを始め、この業態の中では老舗といえるでしょう。2017年に上場も果たし、会員数は約60万人。利用者の多くは、直近で英語が必要になるビジネスマンが多いということですが、最近は3歳からシニア層まで年齢も幅広くなってきたということです。

レアジョブの先生は全てフィリピン人で、基本的に在宅で授業をするスタイルを取っています。そうすることで、現地の雇用を生み出し、優秀な先生の確保に努めているということです。最近はミンダナオ島にセンターも開設しており、セブ島留学のブーム『新定番のフィリピン留学は、ココを見誤るな』(2016年3月31日配信)が今でも続く中、今やフィリピン人講師の数が慢性的に不足しており、先生の確保がサービス全体の質に大きくかかわっているのです。

次ページDMM英会話の場合はどうか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。