同居も離婚もしない「月イチ婚夫婦」のリアル

月イチしか会わない異色ながらも円満な結婚

ただ、たまのデートだからといって特別なことはしない。買い物に行ったり映画を観たり、いたって普通に過ごすという。

真次さん「あとは、会ったときは必ず妻が料理を作ってくれて、それを食べるのが楽しみなんです。彼女は料理がとても上手で、結婚したいと思った理由のひとつでもあります。僕、もともと体重が55kgしかなくてガリガリだったんですけど、今は79kg。これは完全に妻のせいですね(笑)」。

真次さんの大好物だというグラタン(写真:OCEANS)

なお、特に好きな手料理はグラタン。「別居婚を嫌とは思わないけど、妻のグラタンをたまにしか食べられないことだけはちょっと辛いですね」とのこと。

真次さんの大好物だというグラタン。ほかの料理写真も見せてもらったが、とても彩り豊かな食卓だ

別居婚ではなく「自立婚」

亜利沙さんはその不思議な夫婦関係について、次のように自己分析する。

「別居婚じゃなくて、『自立婚』って言い換えたらいいんじゃないかな。互いに精神的に自立しているから、同居という形にこだわらなくてもやっていけるんだと思います」。

亜利沙さんは「別居婚ではなく、自立婚」と語る(写真:OCEANS)

自立婚……、なるほど的を射ている。しっかり想い合ってはいるが、しかし過度に寄りかかることなく互いに自由を謳歌している真次さんと亜利沙さん。それもまた、幸せな夫婦の形のひとつといえるかもしれない。

榎並紀行(やじろべえ)=取材・文

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。