同居も離婚もしない「月イチ婚夫婦」のリアル

月イチしか会わない異色ながらも円満な結婚

ただ、たまのデートだからといって特別なことはしない。買い物に行ったり映画を観たり、いたって普通に過ごすという。

真次さん「あとは、会ったときは必ず妻が料理を作ってくれて、それを食べるのが楽しみなんです。彼女は料理がとても上手で、結婚したいと思った理由のひとつでもあります。僕、もともと体重が55kgしかなくてガリガリだったんですけど、今は79kg。これは完全に妻のせいですね(笑)」。

真次さんの大好物だというグラタン(写真:OCEANS)

なお、特に好きな手料理はグラタン。「別居婚を嫌とは思わないけど、妻のグラタンをたまにしか食べられないことだけはちょっと辛いですね」とのこと。

真次さんの大好物だというグラタン。ほかの料理写真も見せてもらったが、とても彩り豊かな食卓だ

別居婚ではなく「自立婚」

亜利沙さんはその不思議な夫婦関係について、次のように自己分析する。

「別居婚じゃなくて、『自立婚』って言い換えたらいいんじゃないかな。互いに精神的に自立しているから、同居という形にこだわらなくてもやっていけるんだと思います」。

亜利沙さんは「別居婚ではなく、自立婚」と語る(写真:OCEANS)

自立婚……、なるほど的を射ている。しっかり想い合ってはいるが、しかし過度に寄りかかることなく互いに自由を謳歌している真次さんと亜利沙さん。それもまた、幸せな夫婦の形のひとつといえるかもしれない。

榎並紀行(やじろべえ)=取材・文

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT