同居も離婚もしない「月イチ婚夫婦」のリアル

月イチしか会わない異色ながらも円満な結婚

真次さん「夫婦関係って、離婚しなければ終わりはない。どちらかが死ぬまでたっぷり時間はあるので、お互いそのときにしかできないことをやる、やるべきことを思いっきりやる時期があってもいいと思うんです。それが妻は病気を治すことで、僕の場合は仕事。ふたりの将来のためにも、大きな仕事をやってもっと稼げるようになりたいんです。彼女もそれを応援してくれて、仕事をしやすい環境を与えてくれている。その代わり、実家の親や友達との縁を大切にする妻の気持ちも尊重したいと思っています」。

亜利沙さん「そうそう。年をとって、ひとりでいるのがしんどくなったらまた一緒に住めばいいわけですしね。今は本当に好きなようにやらせてもらっています。例えば夫と約束していても、『近所の公園に限定のポケモンが出たから、ごめんキャンセルで』って、それでも許してもらえるくらい、自由でゆるい関係性です(笑)」。

「今は本当に好きなようにやらせてもらっています」と語る亜利沙さん(写真:OCEANS)

真次さん「限定ですからね、仕方ないです(笑)。まあ、夫婦だからといって、いついかなるときでも最優先にすべきってちょっと息苦しいですよね。ときにはポケモンを優先してしまうくらい柔軟なほうが、心地良くいられると思うんです。逆に僕が『徹夜でマージャンして疲れたから』っていう、しょうもない理由で予定をキャンセルすることもありますしね」。

LINEでのやりとりはハートマーク付き

とはいえ、互いの気持ちが冷めているわけではない。毎日交わすというLINEでのやりとりは、ほぼすべてのメッセージがハートマーク付きだ。また、月にたった1度のデートも、久しぶりだからこそ新鮮で特別なものに感じられる。「結婚して7年ですが、一緒にいた時間を合計したら1年に満たないかもしれない。でも、そのぶん会えるときにはなるべく楽しく過ごすようにしています」と真次さん。亜利沙さんも同じ気持ちだ。

亜利沙さん「会ったときには喧嘩をしないように。といっても、そもそも夫に対して不満が全くないので喧嘩のしようもないんですけどね。既婚の友人の話を聞くと、やっぱり夫に対していろいろと日頃の鬱憤が溜まっているみたいなんですけど、私たちの場合は一緒に住んでいないからなのか腹も立たない。無駄な争いがなくなるというのは、別居のメリットだと思います」。

真次さん「僕も不満はないですね。仮にあったとしても、一緒にいるときにあえて言わなくてもいいんじゃないかなと。デートしていたら、何に腹を立てていたかも忘れてしまいますしね」。

次ページたまのデートでは何をするのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。