米ハリケーン「フローレンス」、死者は51人に

ノースカロライナ州に上陸して大洪水

 10月2日、米ノースカロライナ州に上陸して大洪水をもたらしたハリケーン「フローレンス」による死者が、上陸から2週間超を経た時点で、51人となっている。浸水したノースカロライナ州ワラスの町。9月撮影。DIGITALGLOBE提供(2018年 ロイター)

[2日 ロイター] - 米ノースカロライナ州に上陸して大洪水をもたらしたハリケーン「フローレンス」による死者が、上陸から2週間超を経た時点で、51人となっている。

同州のクーパー知事は2日、9月末に修繕作業などに当たっていた2人が屋根やはしごから転落して死亡し、フローレンスの関連死が39人になったと明らかにした。

知事は声明で、「われわれは、この嵐と犠牲になった命をすぐに忘れるようなことはない」と述べ、避難者の住宅探しなどに州の予算から1200万ドルを拠出すると表明した。

バージニア州の関連死は2人と報告されていたが、非常事態当局者が2日、死者は3人だったと明らかにした。

さらに、サウスカロライナ州非常事態管理当局の発表によると、同州の関連死者数は9人だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT