米ハリケーン「フローレンス」、死者は51人に

ノースカロライナ州に上陸して大洪水

 10月2日、米ノースカロライナ州に上陸して大洪水をもたらしたハリケーン「フローレンス」による死者が、上陸から2週間超を経た時点で、51人となっている。浸水したノースカロライナ州ワラスの町。9月撮影。DIGITALGLOBE提供(2018年 ロイター)

[2日 ロイター] - 米ノースカロライナ州に上陸して大洪水をもたらしたハリケーン「フローレンス」による死者が、上陸から2週間超を経た時点で、51人となっている。

同州のクーパー知事は2日、9月末に修繕作業などに当たっていた2人が屋根やはしごから転落して死亡し、フローレンスの関連死が39人になったと明らかにした。

知事は声明で、「われわれは、この嵐と犠牲になった命をすぐに忘れるようなことはない」と述べ、避難者の住宅探しなどに州の予算から1200万ドルを拠出すると表明した。

バージニア州の関連死は2人と報告されていたが、非常事態当局者が2日、死者は3人だったと明らかにした。

さらに、サウスカロライナ州非常事態管理当局の発表によると、同州の関連死者数は9人だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 家族会議のすすめ
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドンキの正体<br>次代の流通王か永遠の異端児か

かつての「ヤンキーのたまり場」ドン・キホーテが破竹の攻勢をかけている。総合スーパーへの居抜き出店などで品ぞろえも客層も拡大、海外出店も加速する。一方、不動産事業や深夜営業では非常識ぶりを温存。異端児の知られざる実態を解明する。