沖縄知事選、辺野古移設反対の玉城氏が当選

「弔い合戦」の様相になったことも勝因に

 9月30日、国内メディアによると、沖縄県知事選は、前自由党衆院議員の玉城デニー候補が、前宜野湾市長の佐喜真淳氏候補(自民、公明、維新、希望推薦)を破り初当選した。写真は3月米海兵隊MV22オスプレイ機から見た沖縄県宜野湾市(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 30日 ロイター] - NHKや朝日新聞など国内メディアによると、30日に投開票された沖縄県知事選は、前自由党衆院議員の玉城デニー候補が、前宜野湾市長の佐喜真淳氏候補(自民、公明、維新、希望推薦)を破り初当選した。政府が進める米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する玉城氏が、県民の支持を得た格好だ。

今回の知事選は、翁長雄志前知事の死去に伴って行われた。玉城氏は、翁長氏を支えた共産、社民や一部企業人による「オール沖縄」勢力が、翁長氏の後継候補として擁立。「弔い合戦」の様相になったことも勝因に挙げられそうだ。

一方、佐喜真氏は、安倍晋三政権の与党である自民、公明両党が国政選挙並みの応援態勢を敷き、二階俊博幹事長と小泉進次郎筆頭副幹事長がそれぞれ3回も沖縄入りし、玉城氏を激しく追い上げていた。

辺野古移設では、政府が今年8月に土砂投入を予定していたが、沖縄県は8月末に埋め立て承認を撤回し、工事が止まっている状態。初当選した玉城氏と安倍政権が今後、どのように対応していくのか注目される。

(竹本能文 編集:田巻一彦)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。