「パンパン豚財布女子」が貯金できない理由

実践!今日から「お金が貯まる人」になる

お金持ちの財布はシンプル。基本はお札だ(筆者撮影)

ファイナンシャルプランナーの花輪陽子です。今回は「お金持ちの財布」と「お金が貯まらない人の財布」の決定的な違いは何かについてお話ししたいと思います。

実は、私は女性誌で読者の「お財布診断」を長年担当しています。また、テレビ番組の監修の際にも、銀座などの街頭でお財布を見せてもらったり、さらには芸能人のお財布を見せてもらった経験も多数あります。

最近はシンガポールに移住しつつ、日本と行ったり来たりですが、シンガポールで外国人も含めた富裕層の財布もいろいろと見た結果、「お金が貯まる人の財布」とそうでない人の財布には次のような違いがあることに気がつかされました。

「パンパン豚財布女子」が意外に多い!

結論から言うと、お金が貯まらない人の多くは「パンパン豚財布」が多いのです。期限切れのクーポン、昔引いたおみくじ、金運アップなどのお守り、思い出の写真、ポイントカード、レシートの山、といった「お金の支払いに直接関係のない物」が財布の中に溢れかえっているのです(ポイントカードやクーポンがお得なのは間違いないのですが・・・)。

「ひどい豚財布」というと男性ばかりのイメージがありますが意外にも女性が結構多いのです。1000円札とレシートが「ミルフィーユ」のようにマダラになって、「いったい財布にどれくらいの金額が入っているのかよく分からない」と苦笑していた「働き女子」も多くいました。

次ページ「豚財布」の人の共通点
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。