「パンパン豚財布女子」が貯金できない理由

実践!今日から「お金が貯まる人」になる

お金持ちの財布はシンプル。基本はお札だ(筆者撮影)

ファイナンシャルプランナーの花輪陽子です。今回は「お金持ちの財布」と「お金が貯まらない人の財布」の決定的な違いは何かについてお話ししたいと思います。

実は、私は女性誌で読者の「お財布診断」を長年担当しています。また、テレビ番組の監修の際にも、銀座などの街頭でお財布を見せてもらったり、さらには芸能人のお財布を見せてもらった経験も多数あります。

最近はシンガポールに移住しつつ、日本と行ったり来たりですが、シンガポールで外国人も含めた富裕層の財布もいろいろと見た結果、「お金が貯まる人の財布」とそうでない人の財布には次のような違いがあることに気がつかされました。

「パンパン豚財布女子」が意外に多い!

結論から言うと、お金が貯まらない人の多くは「パンパン豚財布」が多いのです。期限切れのクーポン、昔引いたおみくじ、金運アップなどのお守り、思い出の写真、ポイントカード、レシートの山、といった「お金の支払いに直接関係のない物」が財布の中に溢れかえっているのです(ポイントカードやクーポンがお得なのは間違いないのですが・・・)。

「ひどい豚財布」というと男性ばかりのイメージがありますが意外にも女性が結構多いのです。1000円札とレシートが「ミルフィーユ」のようにマダラになって、「いったい財布にどれくらいの金額が入っているのかよく分からない」と苦笑していた「働き女子」も多くいました。

次ページ「豚財布」の人の共通点
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT