大企業の「化石並み情報システム」に潜む爆弾

レガシーシステムは「2025年の崖」で崩壊する

大企業の「最先端情報システムの導入」を阻む、「レガシー・システム」について解説します(画像:Scanrail / PIXTA)
経済産業省から衝撃的な報告書が出された。老朽化・肥大化・複雑化、ブラックボックス化し、経営・事業戦略上の足かせや高コスト構造の原因となっている「レガシー・システム」。その解消が進まなかった場合には、2025年頃に深刻な事態がもたらされるであろうという警鐘を鳴らしている。
「2025年の崖」とも呼ばれるこのような事態は、なぜ生じたのか、どうすればこの危機を乗り越えられるのか。この「報告書」作成にもかかわった中野剛志氏が解説する。

デジタルトランスフォーメーションを妨げる深刻な問題

9月7日、経済産業省の「デジタルトランスフォーメーションに向けた研究会」が、報告書を発表した(本「報告書」の作成には筆者も関与しているが、本稿は筆者個人の見解である)。

「デジタルトランスフォーメーション(DX)」とは、簡単に言えば、ITを活用した新しい製品やサービス、あるいは新しいビジネスモデルを通じて、新たな価値を創出することである。

しかし、この前向きな言葉の雰囲気とは裏腹に、経済産業省の「報告書」は、デジタルトランスフォーメーションを妨げる深刻な問題について、警鐘を鳴らすのである。

それは、既存の基幹系システムが老朽化・肥大化・複雑化あるいはブラックボックス化し、経営・事業戦略上の足かせや高コスト構造の原因となっているという問題である。

こうした問題をかかえる基幹系システムは「レガシー・システム」と呼ばれる。ある調査によれば、このレガシー・システムを抱えている企業は、程度の差はあれ、実に全体の8割にのぼる。

昨今、デジタルトランスフォーメーションの大号令をかける経営者は多い。しかし、彼らの多くは、「攻め」「前向き」の変革には熱心であっても、レガシー・システムの刷新のような「守り」「後ろ向き」にみえる仕事からは目をそらしがちなようである(参考)。

しかし、このレガシー・システムを刷新しなければ、クラウド、IoT、AIをはじめとする新たな技術を十分に活用することはできない。「デジタルトランスフォーメーション」を掲げたところで、単なる絵に描いた餅に終わるのである。

次ページレガシー・システム問題の原因
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。