「サリン」「VXガス」製造の知られざる舞台裏

オウム事件「教祖の寵愛」「上司との確執」

「1993年4月ごろ、村井さんから土谷、W、広瀬(健一元死刑囚)、Tの4人でソ連に行ってくれ、と言われ大学施設や爆薬を作るのに必要な硫酸工場などで講義を受けましたが情報入手の成果はいまいちでした。帰国すると村井さんから『聖者は一般の人と比較して必要とする酸素の量が少ない。その差を利用して聖者だけを選別する。つまり、生き残らせる兵器、というよりそんな化学物質はあるか?』と尋ねられました」
土谷「サリン、VX、ソマン、タブンあたりですかね」
村井「サリンのほうが、原料も安いし入手しやすいね」
土谷「ではサリンに取り掛かります。試薬、準備します」
村井「近い将来、日本国内は戦争状態になる可能性が大であると考えている。自己防衛という観点から軍事力を持たなくてはいけない。アメリカ、ソ連はVXとサリンを大量に保管している。この化学兵器があるのなら強力な兵器としての価値を有することになる。抑止力としての軍事力ともなる」

聖者を選別するため……村井氏により“こじつけ”とも思われる理由がここで明らかになるが、教団のダミー会社などを通じて必要な薬品を手に入れた土谷元死刑囚はついにサリン製造に成功する。命令されてあっさり成功してしまう天才的な能力が感じられるが土谷死刑囚には罪悪感というものはなかった。また、松本サリン事件後には村井氏から新たな指示を受けていたという。

村井「松本でサリンとバレてしまった。証拠が残らないものはないか?」
土谷「ホスゲンか青酸がいいんじゃないでしょうか?」
村井「作ってくれ。それから、爆薬も作ってくれ」
土谷「なぜですか?」
村井「日本中が内乱になったら暴力団などの組織が出てくる。それに対抗するためには武装が必要だ。銃は1000丁作らなければならない。それは広瀬、横山(真人元死刑囚)にやらせる、君は銃弾、火薬を製造してほしい」

土谷元死刑囚はいぶかりながらも銃弾の製造に取り掛かり実際に火薬を200グラム合成し、TNT爆弾のプラント製造にまで取り掛かっていた。さらに最強の毒ガスともいわれるVXガスを5回合成、まず12月に駐車場経営者襲撃事件に使用されたが失敗した。土谷元死刑囚はその時の様子を振り返る。

大峯泰廣警部による土谷正実元死刑囚の取り調べをドラマで再現。フジテレビ「直撃!シンソウ坂上SP独占スクープ!サリン事件極秘資料―天才信者VS伝説の刑事―」は10月4日(木)よる19時57分から放送です(写真:フジテレビ)
次ページ「効かなかったがどうしてだと思う?」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT