スタバ、幹部交代を含む組織再編を準備

人員削減や再配置を計画

 9月24日、米コーヒーチェーン大手のスターバックスが幹部交代を含む組織再編を計画していることが、ケビン・ジョンソンCEOによるメモで明らかになった。シアトルの本社で2月撮影(2018年 ロイター/David Ryder)

[24日 ロイター] - 米コーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)<SBUX.O>が幹部交代を含む組織再編を計画していることが、ケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)によるメモで明らかになった。

同社の広報担当者はロイターに対し「一部人員の削減や任務拡大、再配置がある見通しだ」と述べた。ただ、削減数はあらかじめ決められていないとした。

ジョンソン氏は前週、タウンホール(対話集会)後に出したメモで「来週から11月半ばにかけて、組織内の全チームの規模や領域、目標の方向性を進化させるのに当たり、幹部の変更や小売以外のパートナーへの影響が見込まれる」と表明した。

スタバは米市場の冷え込みや競争激化を含む諸課題に直面する一方、中国では大規模な事業拡大を計画している。また、40年近く経営に関与してきたハワード・シュルツ前CEOが6月に退任したことを受け、投資家の間では同社の先行きについて懸念が広がっていた。

ブルームバーグは先に、同社が組織再編とレイオフを計画していると報じていた。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。