アメリカ国立天文台が謎の閉鎖をしたワケ

FBIによる児童ポルノ捜査のためと判明

[19日 ロイター] - 米ニューメキシコ州サンスポットの国立太陽天文台が、9月6日から11日間にわたって公式の説明なしに閉鎖され、ソーシャルメディアで憶測やうわさを呼んでいたが、19日に公開された資料から、米連邦捜査局(FBI)による捜査のためだったことが分かった。

天文台の管理人が、無線のインターネットサービスを児童ポルノの送受信に使っていたとの疑いで、捜査が行われたという。

容疑者宅の捜査令状を申請した書類などFBIの記録が公開され、明らかになった。

同天文台がある場所が、1947年に墜落したUFOが米軍によって回収されたとうわさされ有名になったロズウェルから車で2時間と近いことから、さまざまな観測が飛び交っていた。

FBI捜査官は供述書で、「ニューメキシコ州サンスポットの国立太陽天文台の無線インターネットサービスを通じて、特定の個人が児童ポルノをダウンロードおよび配信していた行為について、捜査を行った」と述べた。

供述書は、容疑者は施設清掃のため契約で雇用された管理人と説明。この人物のラップトップパソコンが天文台の無線インターネットシステムに接続されたことが分かったという。天文台管理当局は、容疑者が他の従業員に危害を加える恐れがあるとして、施設を閉鎖し、従業員を退去させることを決定した。

天文台は、17日に再開した。

容疑者は逮捕・起訴されておらず、逮捕状も発行されていないが、捜査は継続中という。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。