アマゾン、「レジなしコンビニ」3000店出店へ

向こう数年間で、ブルームバーグが報道

 9月19日、米ネット通販大手アマゾン・ドット・コムはレジなしコンビニエンスストアの「アマゾン・ゴー」について、向こう数年間で最大3000店の新規出店を検討している。ブルームバーグが関係筋の話として報じた。写真はシアトルで1月撮影(2018年 ロイター/Lindsey Wasson)

[19日 ロイター] - 米ネット通販大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>はレジなしコンビニエンスストアの「アマゾン・ゴー」について、向こう数年間で最大3000店の新規出店を検討している。ブルームバーグが19日、関係筋の話として報じた。

報道を受け、米スーパーマーケット大手クローガー<KR.N>や米小売大手ターゲット<TGT.N>などの株価が下落した。

アマゾンは現在、米国のシアトルでアマゾン・ゴー3店舗を展開。シカゴ、サンフランシスコ、ニューヨークでも開店したい考え。

この報道についてアマゾンからコメントは得られていない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。