アマゾン、「レジなしコンビニ」3000店出店へ

向こう数年間で、ブルームバーグが報道

 9月19日、米ネット通販大手アマゾン・ドット・コムはレジなしコンビニエンスストアの「アマゾン・ゴー」について、向こう数年間で最大3000店の新規出店を検討している。ブルームバーグが関係筋の話として報じた。写真はシアトルで1月撮影(2018年 ロイター/Lindsey Wasson)

[19日 ロイター] - 米ネット通販大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>はレジなしコンビニエンスストアの「アマゾン・ゴー」について、向こう数年間で最大3000店の新規出店を検討している。ブルームバーグが19日、関係筋の話として報じた。

報道を受け、米スーパーマーケット大手クローガー<KR.N>や米小売大手ターゲット<TGT.N>などの株価が下落した。

アマゾンは現在、米国のシアトルでアマゾン・ゴー3店舗を展開。シカゴ、サンフランシスコ、ニューヨークでも開店したい考え。

この報道についてアマゾンからコメントは得られていない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。