石破氏「斬り込み不足」、首相は「上から目線」

公開討論の後も、小泉進次郎氏はだんまり

記者クラブ代表による質疑では、「ニュース性重視」の狙いから、それまでの「対論」と違って首相との質疑が多くなったが、最終盤に総裁選での論戦の少なさがテーマとなると、石破氏は「災害もあった。だけども総理大臣選びなんだから(候補者同士の議論を)できるだけやって、国民に見てもらうのが自民党の責務だ」とし、災害対応や首相外遊による論戦短縮について「だったら(総裁選の期間を)変えればいい」と党執行部の対応を批判した。

しかし首相は「石破さんが延期しろと言ったが、23日から国連総会に行き、日米首脳会談もある。それを放っておいて党内の党首選びを優先しろというのは…」と気色ばんで反論した。ただ、このやり取りの部分は生中継での時間切れとなり、言いっ放しの“尻切れトンボ”に終わった。

討論会の事前打ち合わせの際に、控室で両氏は現在の心境を色紙に揮毫した。首相は「平成のその先へ」、石破氏は「着々寸進、洋々万里」で、達筆の首相に対し、石破氏は「もっとお習字をやればよかった」と頭を掻くなど緊迫感はなく、首相が過去の総裁選の思い出を語って石破氏もうなづくなど、和気藹々の雰囲気だったとされる。

ニュースは「日銀」と「プーチン」

14日午後には党本部での討論会が行われ、午前に続き憲法9条改正が議論となり、首相が改めて「自衛隊を書き込むことで違憲論争に終止符を打つ」と早期実現への意欲と決意をアピールすると、石破氏は「スケジュールありきでやるべきではない」と異議を唱えた。これに対し首相は、党内の討論会だけに「『なぜ今急ぐのか』という議論は、基本的に『やるな』と同じだ」と石破氏の発言を強く批判した。

記者クラブ討論会のやり取りは15日付けの新聞各紙朝刊で大きく報じられたが、首相支持とされる読売、産経両紙はそれぞれ解説面に「首相、成果を強調―石破氏攻めきれず」「実績の首相、理想論の石破氏いなす」との見出しで論戦での首相優位を浮き立たせた。一方、"反安倍"と見られている朝日新聞は「首相、防戦のち反論―経済・改憲すれ違い」と中立的見出しでお茶を濁した。

一方、討論会でのアベノミクス論議の中で、現在の異次元の金融緩和を正常化する「出口政策」を問われた首相が「(異次元緩和を)ずっとやっていいとはまったく思っていない。私の任期のうちにやり遂げたい」と語ったことが大きな経済ニュースとして報道された。

また、総裁選中の訪ロの際、プーチン・ロシア大統領が「前提条件なしで日本との平和条約を年内に締結しよう」と提起したことについて、首相が「平和条約が必要だという意欲を示されたのは間違いない。今年11、12月の首脳会談は重要になる」と語ったことも外交ニュースとして世界に発信されるなど、報道面では「首相が石破氏を圧倒」(細田派幹部)する格好となった。

次ページ小泉氏の動向は依然、注目の的
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT